子供同士の喧嘩に親は口出すなって正しい? 小学生の喧嘩に親はどうするべき?

記事上

スポンサードリンク





子供同士のトラブルでは、親はどのような行動を

取るべきかと悩みますね。

ついついイライラして前面に出て解決しようと

しませんか?これは、子供にとっては良くない

ことなのです。

親は、助言者の役割に徹するようにします。

そして、いつも子供の傍にいる先生に相談して

みましょう。

相手を怪我させた場合は、できるだけ早くに

相手の家に行き謝罪しましょう。その後には、

自分の子供の心のケアをするようにします。

子供のケンカ、親の対応はどうする?

スポンサードリンク

自分の子供が学校でケンカをして帰ってきた時に

話しを聞いて憤慨し、ケンカ相手の親に文句を

言いたくなるのは当然のことを思います。ですが、

ぐっと気持ちを抑えましょう。

親が口出しして丸くおさまったように表面上は

見えるでしょうが、実は違うのです。子供には

子供の世界があり、親が良かれと思って口出しを

することで子供の世界が崩れることがあります。

一旦崩れた子供の世界で、子供は生きていくのに

苦労します。最悪の場合は、いじめに発展する

可能性があります。

そのような懸念がある一方で、やはり親や周りの

大人たちが子供たちのケンカの仲裁をする必要も

あるのです。

そこで、ある程度までは子供同士で解決させる

ようにして見守り、解決ができないとみれば

大人が仲裁に入るようにすると良いです。

その仲裁の仕方も、子供たちの考えを尊重した

上でそっと助言をしていくようにします。

悪魔でも、子供たちを中心にして解決させる

ようにします。

子供同士のトラブルを先生に知らせる

先生は子供同士のトラブルが発生していることを

把握しておくべきです。ところが、残念なことに

最近の先生はそのような考えを持っていない人が

多いようです。

昔は、先生が子供たちの喧嘩の仲裁をおこなって

くれていました。ですが、近頃では先生に

そのような役割を期待しない方が良いですが、

事が大きくなる可能性もあるので先生には

トラブルがあることを話しておきましょう。

熱心な先生ならば、子供から双方の言い分を

聞いた上で丸く収まるようにしてくれます。

親は自分の子供の事になれば、冷静に客観的に

事態を見ることができません。ですが、先生は

中立の立場から事態を解決するように導いて

くれます。

子供にとって大切なのは、気づまりな思いを

することなく登校できる環境を整えてあがる

ことです。そのためにも、日頃から親も先生

とのコミュニケーションをとっておくほうが

良いですね。

スポンサードリンク

子供のトラブルと謝り方

子供のトラブルは、最後には本人同士が謝る

ことで終わるようにしましょう。小学校で

あれば、気恥ずかしい思いをしますが気持ち

良く収束することができます。

ケンカを原因として相手が怪我をしている場合は、

なるべく早く謝るようにします。できれば、

相手の家まで子供と一緒に行って謝るように

します。

たとえ相手が喧嘩の原因であっても、怪我を

させてしまっているとあれば謝るべきです。

そして、怪我の治療費の負担も相手に申し出る

べきです。

その一方で、自分の子供も心の傷を負っている

ことを充分に理解してあげる必要があります。

子供は友達と喧嘩した上に、相手の家まで謝りに

行き非難の的になっていたのです。このような

経験は、かなりのストレスになっているはずです。

謝罪が終わった後では、自宅で静かにその出来事に

ついて親子で話し合いましょう。その際には、

絶対に叱らないようにしてください。そして、

親がいつでも信頼しているということを見せて

あげるようにします。

まとめ

子供のケンカには、親は口出しをしないように

します。どうしてもトラブルが解決できない時に、

仲裁役に徹します。

また、子供同士でトラブルになっていることは

先生に知らせておくようにします。そすれば、

先生が子供たちから双方の言い分を聞いた上で

和解させてくれるになります。そのためにも、

日頃から先生との意思相通を図っておくと良い

です。

ケンカを原因として、相手が怪我をしている

場合は、子供と一緒にお宅に行き謝罪するように

します。

何よりも大切なのは、心に傷を負った子供の

ケアです。叱るのではなく、しっかりと

サポートして信頼しているということを分から

せるようにしましょう。