ステンレス製のシンクをピカピカにする掃除におすすめの洗剤とは?

記事上

スポンサードリンク





ステンレスのピカピカのシンクだと、

気持ちよくお料理を楽しめますね。

でも、シンクは使っている間にくんだり、

白い粉が浮き出てきたりと気になる汚れが

目立つようになります。

沢山の洗剤が販売されている中で、

ステンレス製のシンクに適しているのは

塩素系漂白剤とクエン酸です。

ここで、重要な注意事項、塩素系漂白剤と

クエン酸は絶対に一緒に使わないことを

守りましょう。

塩素系漂白剤とクエン酸を

混ぜると有毒ガスが発生するので、

絶対に混ぜないことが鉄則です。

その鉄則を守りながら、ステンレス製のシンクを

ピカピカにする方法を紹介しましょう。

汚れの正体と対処法とは?

スポンサードリンク

シンクなどステンレス製の物がピカピカの

状態であるのを目にすると

とても気持ちの良いものです。

ところが、シンクに茶色いシミのようなものや

白い粉のようなものが目につきいくらこすっても

取れないで困っていませんか。

実は、茶色いシミのようなものは

汚れた水がこびりつき、その色素が

残ったものです。

そして、白い粉の正体は水垢で

道水のミネラルが固まったものです。

そこで、これらを掃除するために塩素系漂白剤

キッチンペーパー、スポンジ、スプレーボトルと

クエン酸を準備しましょう。

シミのような汚れの除去には、漂白剤のつけ置きが

効果的です。

そして、アルカリ性の汚れである水垢には

酸性のクエン酸を使うことできれいに

お掃除できます。

しかも、このクエン酸は

食品に含まれる成分なので安心して使えます。

ただし、このクエン酸と塩素系漂白剤を

一緒に使うと有毒ガスを発生させるので

絶対に混ぜないようにします。

また、クエン酸は大理石を溶かしますし、

金属類をサビさせるので使わないようにします。

繰り返しますが、「クエン酸と塩素系漂白剤は

絶対に一緒に使わない!」を守りましょう。

ステンレス製シンクのお掃除

スポンサードリンク

実は、スレンレス製シンクについた汚れを

放置しておくと、雑菌の温床になります。

日々の食事を準備する場所での雑菌の繁殖は、

深刻な健康問題を引き起こします。

そこで、簡単にできるステンレス製シンクの

お掃除方法を紹介しましょう。

シンクの汚れた箇所に、直接かキッチンペーパーを

かぶせた上から漂白剤を吹き付け、しばらく放置します。

その後、しっかりと漂白剤を流すだけで良いのです。

それでも落ちない汚れは、もう一度漂白剤をかけて

スポンジで軽くこすれば落ちます。

また、シンクについた白い粉状になっている水垢は

漂白剤や洗剤では落ちません。

そこで、登場するのがクエン酸です。

まず、クエン酸小さじ1と水200ミリリットルを

混ぜてクエン酸水を作り、スプレーボトルに入れて

おきます。

シンクの水垢がこびりついている箇所を

キッチンペーパーでカバーをして、その上から

スプレーボトルに入れたクエン酸水を吹きかけます。

そのまま30分から2時間ほど放置します。

その後、キッチンペーパーを取って、

スポンジなどでこすれば水垢はとれます。

最後に、クエン酸が残らないように

しっかりと水で流して完了です。

その際にも、効果を期待して塩素系漂白剤と

クエン酸を絶対に併用しないようにしてください。

まとめ

ステンレス製シンクの汚れの正体は、

汚れた水のしみと水垢です。

その汚れを放置しておくと

雑菌が繁殖することになります。

そこで、シンクの汚れを塩素系漂白剤

あるいはクエン酸を使って除去しましょう。

但し、塩素系漂白剤とクエン酸を混ぜると

有毒ガスが発生するので決して一緒に使う

ようなことをしないでください。

シンクの汚れは塩素系漂白剤で対処できますが、

水垢にはクエン酸が効力を発揮します。

クエン酸水をスプレーボトルに入れて、

水垢がこびりついておる箇所に振りかけて

最長2時間程放置した後、スポンジで

軽くこすると水垢は落ちます。

肌にも環境にも優しいクエン酸ですが、

大理石や金属には使わないようにしましょう。

塩素系漂白剤とクエン酸を一緒に使わないことを

しっかりと覚えておきましょう。