子育ては悩みばっかりじゃない!男の子は文句なしにママが大好き!?

記事上

スポンサードリンク





”女の子は育てやすい”とか、
”男の子は育児が大変”なんて良く聞きますが、
そもそも女の子と男の子を比べる事が間違い!
それぞれで良いとこ、ちょっと困るとこなどあるものです。

今回は私が子供の頃の弟と一緒に
育ってきた思い出を振り返りながら、
男の子の大変さを解明していきたいと思います。

1姫2太郎。

スポンサードリンク

「1ひめ2たろう」って言葉ご存知ですか?

親にとって、
最初の子供1番目に娘(ひめ)をもち、
2番目に息子(たろう)をもつと、
楽だと言われています。

その通りだと思いますね。

だって弟ができてから、ほんのちょっとの間私はジェラシーで、
弟のミルクを取り上げたりしていましたが(笑)
だんだん落ち着いてきて、小さいながらも女の子ですから母性が芽生えて、
弟のお世話をし出しました。

着替えを手伝ったり、お風呂に一緒に入ったり、一緒に遊んだり、
後片付けも一緒にして、しっかりお姉ちゃんになっていきます。

本を読んであげて、寝かしつけたり、女の子のとってはちょっとしたおままごとで、
自分がママ役になった気分なのです。

そのような面で言えば、ベビーシッターがいるようなもので、
親にとってはものすごく楽だと言えます。

わんぱくになっていく。

でももう弟が幼稚園くらいから、
わんぱくが目立ってきて、
近所のお友達と遊び出しました。

私は女の子でも活発な方でしたが、
弟の遊びはミニカーだったり、
飛行機やアクションフィギュアだったり。

それに比べて私はお人形さんと遊びたいので、
少しずつ遊びの種類がずれてきました。

でも雨の日などは一緒に、
自宅の長い廊下におもちゃのボーリングセットを立てて、
1日中遊んだりしました。

ものすごい行動範囲。

私は比較的家でお友達と遊ぶか、
近所のお友達の家に行くかしていましたが、
弟が遊びに行く範囲はそれはそれは広いものでした。

男の子なので三輪車などの乗り物が大好きで、
男の子のお友達同士で「探検に行ってくる!」
とか言って近くにあった山にも行って、
昆虫を捕まえてきたりしていました。

ボールがいっぱい!

おもちゃには野球のボール、ゴルフボール、
サッカーボールなどなど、
たくさんのボールが山ほどありましたね。

外にいけない日は家の中でも野球をしたり、
ゴルフをしたりして、
置物やガラスを割ったりするのはしょっちゅう。

やっぱり男の子はわんぱくです!

クリエイティブ

男の子はクリエイティブかなぁとも思いますね。

ある日山の中で池を見つけた弟は、
釣りをしたくなったようで、
自分で小枝を見つけて細いひもを使って、
釣り竿を作って小さいお魚やザリガニを
釣っては持って帰ってきていました。

一人遊びも上手

お友達もたくさんいて、毎日のように
どこかへ遊びに行ってしまう弟でも、
天気が悪かったりして遊べない日は
ミニカーとアクションフィギュアを使って、
何時間も映画のセットのように
一人遊びしていましたよ。

一人で主人公の声や車の音、
爆発音や脇役の声全てをやりこなしていました(笑)

スポンサードリンク

怪我が多い。

怪我が多いのはダントツ弟の方でした。

何てったってじっとしていないのですから。

おもちゃの車を乗り回し、
坂をすごいスピードで下って行ったり、
公園ではジャングルジムでジャンプして、
砂場に着地しようとするし、
危ない事を恐ろしいと思わず、
やってしまうのが男の子だと言って良いでしょう。

なのでいつも切り傷、すり傷が絶えないので、
うちの救急箱は弟の部屋にいつも置いてありました。

ある日頭を打って流血した時は、
それはそれはみんな大慌てでしたが、
大ごとにならずに一安心。

弟は大丈夫でしたが、弟のお友達の何人かは
腕や足の骨を折った子もいましたよ。

これは男の子ならではかも…

良く笑ってジョーク好き!

男の子を育てていると凄く楽しいと言えますね。

なぜならいっつもジョークを言って、一人で笑ってたり、
写真撮ろうとする時もいっつも変な顔をするのは、弟!
後になってアルバムを見てみると、
弟がましな顔をして写っている写真はないくらいです。

人を笑わせるのも好きですし、カラオケ歌っていると踊り出すのも弟!
ドラマクイーンでいたい女の子は、ちょっとした事でも心が傷ついてしまい、
後々まで覚えてイジけていますが、男の子はすぐ忘れてケロっとしています。

単細胞なのですね。

賑やかなのが好きで、会話の中心にいたいだけなのかもしれません。

いつの間にか逆転。

最初は私が弟のお世話をして、
年上で意地悪な男の子から守ってあげてたのに、
いつの間にか弟が姉である私を、
心配してボディーガードの役目のように変わっていきました。

たとえ弟が小学生でも
「自分が男なのだから、しっかりしないといけない!」と思いだすのか、
「お姉ちゃん大丈夫?」とか「〇〇は行かない方が良いよ、危ないから。」などと
アドバイスするくらい。

男の子としての芽生えでしょうか。

ママっ子。

これは完璧!男の子はママが大好き!
私はパパっ子で、弟はママっ子。

パパもどうしても男の子には厳しくなるので、
男の子にとって父親は怖い存在になるようですが、

ママがいるといつも幸せ〜と言った感じ。

ママもそれがわかっているので、
ママにとって男の子は可愛くてしょうがないのです。

まとめ

お互い大人になった今も、弟は私を守ってくれてとても優しい頼りになる性格です。

些細な事を気にする女の子とは違って、男の子はおおらかですね。

女の子はいつまでもママのお友達のような存在で、
一緒にショッピングに行ったりお食事に行ったりできるようになるでしょうし、
男の子は大きくなったらママをしっかり支えてくれる頼もしい男性になりますよ。