孤独を捨てよう!専業主婦の子育て悩みがたまらないようにできる4選

記事上

スポンサードリンク





私の子供が小さい時は、

専業主婦と働くママの両方を

経験してきました。

もちろんママであればどんな状況でも、

大変な毎日なのですが、

自分でもびっくりしたくらい

専業主婦が大変だったのが忘れられません。

今回は私もアドバイスをいただいた、

アメリカの小児科医師Dr.Tassava先生の4つの忠告を

お伝えしていきます。

子供はある程度の時間規制が必要

スポンサードリンク

仕事に出ていると

朝いつもの時間に起きて、

いつもの時間にランチを食べ、

いつもの時間に帰ってくるという繰り返しで

毎日の時間帯が決まっているのですが、

専業主婦で子育てをしていると、

ママが色々な行事をする時間の

コントロールが可能です。

子供にダラダラとテレビを観せていたり、

ゲームをさせていたりすると

子供が学校や社会に出た時の時間規制に

対応できなくなります。

そしてママも1日中何となく忙しいのに、

何をやったのかはっきりしない感覚に

かられてしまうのです。

朝お散歩に行くとか公園で遊ぶなど、

そしてランチや夕飯の時間やお風呂の時間などは

きちんと決めておくようにすると、

それに応じて済ませる事が発生します。

そのように子供は大体毎日の行事が決まっている方が、

何をするにしても集中力がつくと言われています。

もちろん時には違う行動をして

柔軟性を兼ね備えて良いですが、

1日の基本の時間帯は決めておきましょう。

ネットワークを使う

私も毎日孤独を感じていてうつになりそうでしたが、

専業主婦で子育てをしていると、

目まぐるしく1日が過ぎるので、

外部とのコミュニケーションが全く取れないまま、

何日も何週間もすぎる事があります。

色々な不満や悩みがあって夫に話そうとしても、

夫は毎日仕事で帰りが遅く話しを聞いてくれない、

なのでものすごく孤独感を感じて、

どんどん落ち込んでいきます。

専業主婦での子育てを経験した事のない無神経な人たちからはよく

「うわぁずっと家にいて仕事もしないで、

子供と一緒に居られるなんて楽で良いね〜羨ましいわ。」

と言われていて、それならあなたが毎日やってみなさいよ!と

言いたいのをいつも我慢していたのを覚えています。

私の時代はインターネットなんてなかったので、

公園でママ友とおしゃべりするとか、

実家やお友達に電話して愚痴を聞いてもらうなんて事を

していましたが、今のママはラッキーです。

インターネット上にたくさん愚痴の吐き場所があるからです。

そこで同じような状況にいる人たちの悩みを

聞く事もできるし、自分の悩みを聞いてもらって

たくさんのアドバイスをもらえる事もあります。

自分が孤独感を感じたら躊躇せずにまず、

このような場所でコミュニケーションをとる事を

おすすめします。

子供を連れて外に行く必要はありませんし、

人に実際に逢わなくて良いので、

お化粧とか洋服の心配をする必要もありません。

パジャマでボサボサ頭のままでも、

世界中に愚痴がこぼせるので最高だと思いますよ。

フェイスブックやママ友のウェブサイトなどでは、

驚くほどの支えが得られます。

色んなママの悩みを聞いていると、

自分の悩みがちっぽけなものだったと気付く事もありますし、

たくさん勇気付けられたり、先輩ママには適切な助言を

スポンサードリンク

もらえたりします。

専業主婦でなかなか外出が可能でない場合は、

このような方法で外部とのコミュニケーションをはかって、

孤独感から脱出する事です。

自分が充分やっていると理解する

世の中に完璧な人間も親も存在しません。

子育ても家事も全て完璧にこなそうと考えただけで、

頭が爆発しそうになります。

これから人生長いのです。

毎日目くじら立てて、あれもしなきゃこれもしなきゃと

過ごすより、ゆったりと子供との思い出をたくさん作りながら、

過ごしたいと思いませんか?

時には子供がお部屋を散らかしていて

お掃除する時間がなくても、良いじゃないですか。

アメリカで子育てを上手にこなす専業主婦のママたちは、

子供と一緒に遊ぶママが多いそうです。

片付けるのは気にせず一緒に粘土で遊んだり、

お風呂の泡で遊んだりして、

もしひどく汚してしまってお掃除が大変なら、

時々クリーニングレイディーを雇うそうですよ。

ママが部屋が汚れるのを気にして

子供が汚すとイライラして怒鳴ったり、

お洋服が汚れるのを気にして

子供が泥遊びするのを嫌がったりすると

お部屋や洋服は綺麗なままでしょうが、

子供は楽しい子供でいられる時の思い出が作れず、

伸び伸びとした性格にもなれません。

ゆるゆるでいきましょうよ。

たまにはお風呂に入らないままで寝てしまっても

良いではないですか。

夕飯だって時には出前をとっても良いし、

スーパーのお弁当でも良いのです。

綺麗な部屋にしかめっ面でいるより、

少々汚れていても笑顔でいられるママでいる方が、

子供もママも幸せなのです。

大人の時間を作る

時には子供と家事から完全に自分を離して、

お友達やご主人だけとの大人の時間を作りましょう。

カラオケやお食事に出かけても良いでしょう。

スパやショッピングも楽しそうですね。

そうやって大人同士で時間を過ごす事で、

妻やママである前の「自分」に返れて充電が出来るのです。

この充電時間のおかげで、

またリフレッシュして子育てに頑張れるのです。

まとめ

以上、アメリカのプロフェッショナルな

アドバイスをご紹介していきました。

日本人だけではなくアメリカでも、

専業主婦で子育てをするママたちが

うつ病におちいる確率は高いそうです。

このようなアドバイスを利用して

自分の気持ちを上手に切り替える事で、

元気はつらつママに笑顔が戻っていくのです。