赤ちゃん用ジャンプスーツっていつまで着せるもの?ベビーに必要?

記事上

スポンサードリンク





赤ちゃんがジャンプスーツを着ているのを

見ると、とても可愛くて目を離せなく

なりますね。

でも、このジャンプスーツは赤ちゃんが

着用できる期間が短いようなので

無駄な買い物になる可能性もあります。

しかも、寒い地域では役立ちますが、

それほど寒くない地域では不必要

という意見もあります。

そこで、ジャンプスーツの必要性

についてお話しするので購入の判断の

参考にしてください。

また、ジャンプスーツの着脱について

不評が多いので、どのような

ジャンプスーツを購入すれば良いかを

紹介しましょう。

1番大切なことは、赤ちゃんが着ていて

楽で動き易い服であることです。

見た目の可愛さよりも、赤ちゃんが

居心地良さそうにしているかを

よく観察しましょう。

ジャンプスーツは必要?

スポンサードリンク

寒い冬の外出には、赤ちゃんには

ジャンプスーツを着せて

出かけたいですね。

このジャンプスーツですが、生後すぐから

歩けるようになるまでが着ることができる

期間と言われています。

雪の多い地方では、2歳ぐらいまで

防寒着として着せているところもある

ようです。

赤ちゃんにジャンプスーツを選ぶ際には、

体に合ったサイズのものを選ぶように

しましょう。

大きめのサイズのものや小さ目の物を

身につけることは、赤ちゃんとっては

不快なことなので不経済ですが

体にあったものを選びましょう。

ジャンプスーツは温かさの点では

とても優秀なのですが、着脱が難しい

温かすぎてあせもができるとういう

難点があります。

そこで、ジャンプスーツの代用としては

ポンチョ、カバーオールなどがおすすめです。

特に、カバーオールはジャンプスーツよりも

生地が薄いので室内着として動き易いので

赤ちゃんにはおすすめです。

着脱が便利なので、前開きのものを選ぶように

しましょう。

ジャンプスーツは住んでいる地域で

雪が多い場合は出番が多いと思うので

購入をおすすめします

雪が少ない地域に住んでいるならば、

代用品は色々とあるのでジャンプスーツを

買う必要はないでしょう。

おすすめのジャンプスーツとは?

スポンサードリンク

室温が20度から24度位の場合は、

新生児の場合は短肌着と長肌着と

カバーオールを着せると良いです。

生後3ヶ月以降の赤ちゃんは短肌着か

長肌着、コンビ肌着のいずれかの1枚と

カバーオールかロンパースを着せるように

します。

そして、その下には必ず吸水性の良い綿

100パーセントの肌着を着せるようにします。

防寒用におすすめのジャンプスーツですが、

着せ難いといことで不評が目立ちます。

そこで、どのようなジャンプスーツが

おすすめか紹介しましょう。

足のボタンを合わせればおくるみとして

使えるジャンプスーツがお手頃価格で

販売されています。

足のボタンがオムツ換えするときに、とても便利です。

次に、足元からファスナーで一気に

首元まで閉めることができる上に、

可愛いデザインがおすすめです。

雪が多く地域では、中綿入りで撥水加工

されているものを選びましょう。

住んでいる地域の気象状況などを合わせて

よく考えて、購入しましょう。

まとめ

着ているのを見ていると可愛いい

ジャンプスーツですが、着せ難いなどの

不評も耳にします。

温かさでは、定評のあるジャンプスーツですが

購入の必要はあるのでしょうか。

やはり、住む地域によってジャンプスーツの

必要性は異なってきます。

雪の多い地域であれば、撥水加工された

ジャンプスーツの購入をおすすめしますが

雪が少ない地域であれば、他の衣類で代用も

できるので購入する必要はないでしょう。

購入するとすれば、足元をボタンで

合わせることができる物や

ファスナーで足元から首元まで閉められる

ジャンプスーツがおすすめです。

可愛いジャンプスーツを着て、

雪の中で跳ね回る子供の姿を

見るのはとても楽しそうで良いですね。

ですが、ジャンプスーツ、温かくても

子供にとって不快であれば買っても

意味がありませんね。

代用品も色々とあるので、

よく考えてから購入を決めたいですね。