夜寝る前に食べるチーズは太る?太らない条件とは!?

記事上

スポンサードリンク





夜更かししている時など、眠ろうとしても空腹で

眠れないという経験をした人は多いと思います。

そんな時に、冷蔵庫を開けるとチーズがあれば

ついつい食べてしまいますね。

ですが、食べる前にきっと太るのではないかと

一瞬でも迷うでしょう。

そこで、夜寝る前にチーズを食べるとどうなるかを

お話しします。

ですが、空腹で眠れないとなれば次の日の仕事や勉強に

響く可能性があるので食べるのも良いでしょう。

ですが、食べるには条件があります。

また、なぜ寝る前に食べることはいけないと言われる

のかと疑問に思う人もいるに違いないので、その理由も

合せて紹介します。

寝る前に食べてはいけませんとは言いませんが、

食べることによって太るリスクが高まるので条件を

守りましょう。

美味しい物を、健康的に美味しく食べるようにしましょう。

夜食にチーズは太るの?

スポンサードリンク

寝る前に、小腹がすき冷蔵庫を開けるとチーズがあれば

ついつい手を出してしまいそうになります。

ですが寝る前にチーズを食べると太るのではないかと

気になり迷いませんか。

食べたいのですが、食べると太るのではないかという

思いがしてなかなか決断がつきません。

そこで、良く耳にするのが、20:00以降は食べ物を

口にするべきではないという話です。

確かにチーズは種類にもよりますがカロリーが高い食品

ですが、チーズに含まれるタンパク質が満腹中枢を

刺激して空腹を抑えるので気分転換にも少しであれば

食べると良いでしょう。

ですが、クリームチーズやカマンベールチーズは

脂肪分が多いので、夜食としてはおすすめできません。

また、クリームチーズ、カンマンベールは、つけて食べる

クラッカーなどのカロリーが加わるので注意しましょう。

カロリーの高いチーズは寝る前に食べることは

おすすめしませんが、その一方で空腹のため眠れないと

困るので適量で抑えるようにしましょう。

就寝前の心がけ

スポンサードリンク

夜20:00以降には食べ物を口にするのは肥満の

リスクが高まるので止めましょう。

また、食べ物が胃の中に残ることで眠りが浅く

なります。

特に、高タンパク質で脂肪分が多い食品は消化に

時間がかかり睡眠を妨げるので寝る前に食べるのは

控えましょう。

さらに、消化されなかったエネルギーは体内に

蓄積されるので太りやすい体になります。

寝る前に、お腹がすかないようにするには、

昼食と夕食の間隔を短くし、夕食後4時間から

5時間で空腹を感じるのでできるだけ夜更かしを

しないようにしましょう。

激しい運動は空腹を感じやすいので、夕食後に激しい

運動はしないようにしましょう。

何よりも、規則正しい食生活をすることで夜の空腹を

感じなくなります。

体内時計によって、活動と休憩を繰り返していて

活動時に食べると消費しやすく、休憩時に食べると

脂肪になります。

ですから、就寝前には食べないという理由がよく分かり

ますね。

まとめ

チーズは種類によってカロリー数は異なりますが、

総体的にカロリーが高い食品であるという認識を

持ちましょう。

ですから、就寝前に食べるのは控えましょう。

どうしても空腹で眠れない程であれば、カロリーの高い

クリーム系のチーズは避けるようにします。

また、就寝前に物を食べないようにするには理由が

あるのです。

実は、寝る前に物を食べると消化に時間がかかり肥満の

リスクが高まります。

さらに、胃の中に食べ物があると眠りの質が低下します。

ですから、就寝前にお腹がすかないようにする必要が

あります。

それには、昼食と夕食の間隔を短くし夜更かししないように

することが大切です。

チーズは寝る前に食べると太りますが、空腹でどうしても

眠れないというのであればカロリーの低いチーズを

少し食べるようにしましょう。

チーズ、美味しいですが食べる時間を選ぶのも

大切ですね。

美味しいい好物だからといって、いつでも好きなだけ

食べれば良いというものではないですね。