病院での犬の歯石取りは安全か?本当に必要なデンタルケアなの?

記事上

スポンサードリンク





私達にデンタルケアが必要なように、

ワンチャンにも歯磨きは不可欠です。

私のワンチャン達は、お利口さんに歯磨きを

毎日させてくれますが、中には歯磨き嫌いな

子もいますよね。

歯石がたまると、最終的には病院での

歯石とりになるわけですが、本当に必要な

ケアなのでしょうか?

全身麻酔が出来ないワンチャンの為の、

デンタルケアグッズもご紹介していきます。

何故歯石とりが必要なの?

ワンチャンの歯にも歯石が溜まって、

だんだんシミがついてきます。

この歯石が進行すると、

歯周病になる原因となります。

歯周病を放っておくと?

歯周病から繁殖した細菌が体内に侵入し、

腎臓や心臓に悪影響を与えるだけでなく、

時には脳にまでダメージを起こす事が

あると言われています。

そこで動物病院での歯石取り

前日の夜から絶食させ、

病院で全身麻酔を受け、

獣医さんが超音波スケラーで歯石を

取り除いてくれます。

ワンチャンは眠っているので、痛みはなく、

恐怖からのストレスはありませんが、

全身麻酔からの大きいリスクがあります。

シニアのワンちゃんや、

ミニチュアサイズのワンチャン、

心臓が弱いワンチャンにはお勧めできません。

病院によって2万円〜10万円以上と、

ピンキリありそうです。

ペットショップでの歯石取り

麻酔を使わないので、医療資格がない

ペットショップでも、歯石取りが出来る

ようになったそうです。

資格がなくても、しっかりトレーニングを

受けた人たちがやってくれるので、

充分満足している飼い主もたくさんいますが、

ワンコは歯石取りをされる間起きているので、

恐怖心からのストレスが考えられます。

こちらは、8,000円から20,000円くらい

だそうです。

自宅で歯石とり出来ないの?

リデンタ

ハーブオイルやサーモンオイルなどの

オイル系のジェルタイプで、

歯と歯茎に塗りつけていきます。

KPS ミントプラスマウスクリーナー

100%天然成分でできた、安全なスプレータイプです。

お口にスプレーして、歯ブラシでこすってあげます。

スケラー

スケラーを使って、歯石をガリガリ取って

いくわけですが、プロではない限り

ワンチャンが怖がって暴れたりすると、

歯茎などに傷つけてしまうリスクがあり、

あまりオススメ出来ません。

ナイラボーン

アメリカ産の硬質プラスチックでできた

噛むおもちゃです。

歯垢除去に役立ち、とても長持ちして、

かけらを飲み込んでも体内で溶けず、

うんちとして出てくるので安全だそうです。

最後に

私はココナッツオイルで毎日歯磨きをして

あげてますが、それでもやはり少しずつ

歯垢がたまってきています。

基本的にうちの子達に全身麻酔を受けさせる

のは反対なので、出来るだけ自宅でケアを

してあげようと思っています。

まずは、手軽でワンチャンのストレス発散も

出来そうな、ナイラボーンを試してみようか

と思います。