添い寝はいけないって言うけれど本当?それでも猫と一緒に寝たい!

記事上

スポンサードリンク





ニャンコを飼ってる人って、ほとんど

一緒に寝ているんじゃないでしょうか?

ニャンコっていつもお膝にいたりして、

ナデナデしてると癒されますから、

一緒に寝るのも自然な行為だと思います。

でもこれって良い行為なのでしょうか?

探ってみたいと思います。

猫と一緒に寝て、危険な事って?

圧死させる危険性

特にニャンコがまだ子猫の場合は、

充分に注意しないと飼い主さんが

寝返りをうった時に、圧死させる

事故が起こる可能性があります。

そしてニャンコがベッドから落ちて、

怪我をさせる事もあるのです。

感染症に注意

ニャンコが外に行った時に、何かの

伝染病をもらってきたとします。

寝ている間に知らずに、飼い主を

引っ掻いてその傷口から感染します。

そして寄生虫などが人間の体内に

入ってしまい、大病を患ったりする

事があるのです。

でも添い寝したい!

そうですよね!

ニャンコを飼っているのなら、やっぱり

添い寝したいという気持ち分かります。

それでは次は、添い寝してくれる時の、

ニャンコの心理って一体どんな感じなのか。

まとめてみます。

ニャンコが添い寝してくれる心理

信頼関係の表れ

ニャンコの添い寝はやはり信頼関係を示しています。

愛してるよ、と言って甘えてきているのです。

ニャンコって、顔の近くに良く寝ますよね。

それは凄く信頼してるよ、という意味。

ですのでニャンコが顔から離れた場所で寝る

場合、まだ少し警戒心があるということです。

これは日にちがたつにつれて、信頼関係が

深くなっていくので、だんだん顔の方に

移動してくるはずです。

ただし、顔の上に寝る場合は

私のニャンコの場合、私の首の上や

顔の上に寝てくるので、苦しかった

思い出がありますが。

これは「私がボスよ!」という意味で、

簡単に言うとニャンコから舐められてる

ことのようです(笑)

他にもネコは寒がりなので

また、ニャンコは寒がりですよね。

特に冬は飼い主と一緒に寝ると暖かいので、

安心感と暖かさを飼い主から得ているみたいですね。

ニャンコが添い寝しなくなった理由は?

体調不良

ニャンコ自体の体調が悪いか、

飼い主さんが病気の時は、

添い寝しない事があります。

ニャンコの体調は大丈夫か、

チェックしてみましょう。

ニオイの問題

いつもの香水やお風呂の時の石鹸を、

変えたりしませんでしたか?

ニャンコによってはとても敏感なので

ニャンコの気に入らない臭いがすると、

添い寝をしなくなったりします。

あなたが信頼を失った場合

ニャンコが嫌いな彼氏が出来て、

ニャンコに対する態度が変わり、

信頼をなくしてしまった時も

添い寝をしなくなります。

私の意見としては、まず彼氏を作る前に

「猫好きに限る!」と条件を付ける事を

オススメします。

ニャンコもあなたのファミリーです。

彼がニャンコを含めたあなたを愛せない場合、

本当の愛とは言えないと私は思います。

最後に

このようにニャンコとの添い寝は、

ニャンコにとっても飼い主にとっても

なくてはならない行為のようですね。