猫が夜中にうるさいわけ〜ニャアニャア何言ってるの?発情期?

記事上

スポンサードリンク





あなたのニャンコも夜中に

ニャアニャア鳴く事ありませんか?

私のニャンコは、夜鳴きした頃がありました。

これには何かわけがあるのでしょうか?

ニャンコの気持ちを知る為にも、

ちょっと調べていきましょう。

ニャンコの夜鳴きの理由は何?

体調の変化

あなたのニャンコはシニアのニャンコですか?

もしそうなら、体調の変化が考えられます。

もしかしたら、病気になっていたり、

関節などが痛んでいるかもしれないので、

病院でチェックしてもらいましょう。

ストレスが原因

昼間ちゃんと遊んであげていますか?

ニャンコはハンターです。

狩りごっこなど、たくさん運動をさせて

疲れさせる事が、とってもハッピーで

ヘルシーなニャンコになれる要因なのです。

発情期

女の子のニャンコは早くて3ヶ月頃から、

男の子のニャンコで12ヶ月頃から、

発情期が始まります。

ニャンコは基本的に夜行性動物なので、

女の子が「アオーン、私はここよ〜」

と鳴いて、男の子がその声に答えている

と言う事になります。

近所にのら猫がいますか?

夜中にのら猫が鳴きだすと、それに

反応してなく事も多いパターンですね。

この場合は、自分の縄張りを教えている

とも言われています。

対策ってあるの?

いっぱい遊んで疲れさせる

ニャンコのおもちゃは、色々な物が

売られていますね。

猫じゃらしや、釣竿式になって

獲物を捕まえる行為が出来る

ようなおもちゃなど、たくさん揃えて、

飽きさせずに遊んであげるのがキーです。

他にもお部屋にキャットタワーや、

高い所を歩けるようなキャットウォークなどを、

設置してあげると、昼間歩きまわって、

ニャンコも良いエクササイズになって

熟睡出来、効果的です。

避妊手術は不可欠

ペットを飼う飼い主の責任の一つに、

避妊手術を受けさせる事があります。

これは最も大事な事で、ニャンコ自身

にとっても飼い主にとってもストレス

が減り、ニャンコも長生き出来るのです。

それに望まれない子猫が増えるという事は、

又捨て猫が増え近所にのら猫が増える、

という悪循環になるので、まずあなたから

この悪循環を止めるようしましょう。

飼い主全てがこの努力をすれば、

捨て猫も減りシェルターにいる

ニャンコも減るのです。

のら猫は、捕獲して去勢させる

ある場所ではご近所同士で話し合って、

のら猫を捕獲し去勢させる動きをとって

いる所もあります。

お金も時間もかかり難しいとは思いますが、

このような地道な行為が、のら猫を減らす

ための第一歩なのです。

最後に

ニャンコの夜鳴きが始まったら、眠れませんよね。

私のニャンコは女の子だったので、

慌てて避妊手術に連れていって、

その後半年くらいかけて徐々に

夜鳴きがなくなりました。

女の子の場合、凄く早い時期に発情が

来るので、早めの処置が必要になります。

かかりつけの獣医さんと、

良く話し合った方が良いでしょう。