亀の育て方は難しい?亀の飼育を通して学ぶ事〜そして亀の性格!

記事上

スポンサードリンク





遠吠えするワンチャンや、毛が抜けたり

ガリガリ爪研ぎするニャンコと違って、

亀さんは音もせず、マンションなど

厳しいルールがあるお住まいなどでは、

飼いやすそうなペットですよね。

今回は、これからペットを飼おうかなぁと

思っている人の為に、亀の飼育などについて、

みていきたいと思います。

人気の亀の種類

ミドリガメ

ダントツ人気は、ミドリガメです。

ミドリガメはアメリカ生まれなのですよ。

大人になると体長が、20cm以上になる事

もあるので、それを充分頭に入れておいて

下さい。

イシガメ

これは私の弟が飼っていた亀さんで、

弟は「ゼニガメ」と呼んでいました。

もしかしたら九州の方言かもしれないですね(笑)

クサガメ

アジア圏に生息していて、子ガメの時は

首のあたりに黄色いラインが入っています。

亀の飼育の仕方

水槽を買ってくる

  • 大きめの水槽に、清潔な砂を敷き詰めます。
  • 岩やトンネルなどを置きます。
  • 水を半分くらい入れて、亀さんが岩の上で休憩出来るように、岩の上部が水面から出るようにして下さい。
    トンネルなどは、時々潜って遊んでいますよ。
  • 水中フィルターやエアポンプを使う
    ペットショップで亀さんを選ぶ時に、どのようなポンプやフィルターが必要か聞いてみるのが良いでしょう。
    水のバクテリアを除去する為にも、フィルターなどを設置した方が良いと思います。
  • 水換えは、こまめに!
    フィルターがある場合で、週に一度くらい。
    フィルターがない場合は、毎日水換えは行って下さい。
  • 亀が臭いわけは、水にある
    亀を飼っていると臭いがね〜という人がいますが、それは亀のせいではなく、水が原因なので、いつも清潔に保ちましょう。
  • 餌はやり過ぎないように!
    大人の亀さんで、1日に1度。
    子ガメで、1日に2度が目安です。
    最初、全部食べ切っているか確かめながら、与えましょう。
    餌が余っていたらやり過ぎで、水を汚し匂いの原因になるので良く観察しましょう。
  • 冬の寒い時期
    寒い時期は、水温を20度前後で保つ事が亀さんにとって、快適です。
    この冬の飼育のやり方もペットショップの人に、詳しく説明を聞きましょう。

亀の飼育から学ぶ事

亀さんは思ったより、大きくなる!

前にも述べたように、ミドリガメで

20cm前後には大きくなります。

その事を頭に入れて飼うようにしましょう。

長生きだあ!

亀さんは長寿のシンボルだと言われるように、

20〜30年は生きます。

最後まで責任をもって育てられるのか、

考えてから飼う事が大事です。

亀さんの性格

亀さんはとてもデリケートなので、

最初飼ってきた頃に触り過ぎないように

注意しましょう。

ストレスいっぱいになって、

死んでしまう事もあります。

亀さんは頭が良いので、名前もちゃんと

つけてあげて、話しかけてあげて下さい。

そのうち名前を覚えて、あなたが言ってる

単語くらいは理解出来るようになりますよ。

最後に

まずは最初亀さん一匹から、大事に育てて

あげて慣れてきてから、お友達を増やすか

どうかは話し合いましょうね。

記事下

スポンサードリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする