こんなにも悲しいペットとの別れ〜深刻なペットロスの克服の仕方

記事上

スポンサードリンク





たくさんの人がペットを飼っていると思います。

犬であれ、猫であれ、金魚であれ、

小鳥であれペットに注ぐ愛情は同じです。

そのペットとの別れを、

考えただけでも悲しくなります。

今回はペットをなくして落ち込んでいる人へ、

その悲しみを克服する為のお手伝いをしたい

と思います。

悲しんで良いんです!

「ペットを失って、こんなに

悲しんでいるのは私だけなのかしら?」とか、

「たかがペットで…と思われてないかしら?」

などと気にしないことです。

ペットを飼った事がある人なら、

必ず理解できるあなたの悲しみ。

我慢せずに泣きたい時は、

思いっきり声をあげて泣いて良いのです。

どんな感情が現れるの?

後悔

まずペットを失くした理由によって、

「私がこうしていれば死ななかったかも」とか、

「安楽死させたのは、良かったのかしら?」

などと言う後悔の念に悩まされます。

怒り

ペットが病気だった事に

気づかなかった自分に腹が立ったり、

事故で亡くなった場合は、自分の不注意

などに、怒りがこみ上げてくるのです。

認めたくない

何ヶ月、何年たっても自分の可愛いペットが

いなくなった事を、認めたくない自分がいます。

「もしかしたら突然帰ってくるかもしれない」

とか

「悪夢を見ているのかもしれない」

と認められないでいるのです。

自分の悲しみに向き合う事が大切!

それらの悲しみや色々な感情と、

しっかり向き合いましょう。

無視してはいけません。

そして自分の気持ちを、何にでも良いから

思いっきりぶつけるのです。

床を転がって泣き叫んでも良いでしょう。

詩などに表して書いても良いし、

Facebookなどにぶちまけても良い

と思います。

理解できる友と話す

ペットを飼っている友達がいたら最高です。

その人達は、あなたの心の痛みを必ず

わかってくれますから、最高のセラピストに

なってくれるでしょう。

新しいペットを迎え入れる

アメリカの名言に、

私の代わりにすぐ、新しいペットを迎え入れてね。

その子を通して私は、あなたとの幸せを分かち合えるのだから。

というのがあります。

もちろん、失くしたペットの代わりはいません。

ですがあなた同様、ペットも

あなたと離れてしまって、寂しいのです。

でもあなたが新しくペットを迎え入れる事

によって、亡くなったペットも天国でその

ペットを通して、あなたの優しい声や

肌触りなどを、感じ取る事が出来るのです。

ペットが人間のように長生き出来ないのには、

理由があると言われています。

人間がより多くのペットを家族の一員として

過ごす事が出来、より多くのペットが幸せに

天国へ旅たっていけるからだ、と言います。

最後に

私も経験があるので、

この記事を書きながらも、

涙が溢れて止まりません。

良く人は、「時間が解決するよ」と

言いますが、それは嘘です。

どんなに時間が経っても、悲しみは同じ。

ただ少しずつ自分がその悲しみを克服しよう

と変化し、そしてその悲しみに耐えうる力が

増してきているだけなのです。

世の中にはあなたと同じ悲しみを持った人が、

たくさんいます。

インターネットでそのようなグループを探し、

色々な人の心の痛みを聞き、又自分の痛みを

打ち明けてみるのも良い考えだと思います。