ペットの生まれ変わりを信じたい〜亡くなった犬にまた逢える夢

記事上

スポンサードリンク





少しおかしいと思われるかもしれませんが、

私はペットの生まれ変わりを信じます。

私がレスキューした2匹目のダックスフンド

(ルビー)は、私の父が亡くなった後、

しばらくして産まれてきたワンチャンでした。

その他にも亡くなったワンチャンが、

夢に出てくる事ありませんか?

今回はちょっとスピリチュアルなお話しを

していきます。

アメリカのテレビ番組「ミディアム」を観て

「ミディアム」とは、亡くなった人と

会話が出来る人の事を言います。

アメリカで現在大ヒット中の番組である

「ミディアム」を、毎週私は夢中で観ています。

そのクライアントの中には、

ワンチャンを亡くして悲しんでいる人も

たくさんいます。

ミディアムである若い男性は言います。

「最近犬の夢を見ませんでしたか?」

彼は、夢に亡くなった家族やペットが出てくる時は、

「そんなに悲しまないで。

私はこの世にはいないけど、いつも

あなたのそばにいて、見守っているから!」

というメッセージを伝えているのだと言います。

その他にも、外でコーヒーを飲んでいて、

蝶々や小鳥が飛んできたり、夜に星空を

眺めていて、ホタルが飛んできたりする

ケースも、あなたの亡くなったファミリーが

「ここにいるよ!」

と伝えているのだそうです。

その他のメッセージ

他にも、静かな部屋で一人でいる時などに、

「ペタ、ペタ」と亡くなったワンチャンの

歩く足音が聞こえたり。

時にはワンチャンを洗っていたシャンプーの

匂いが、フッと香ったりする事があります。

それも全て思い過ごしではなく、

亡くなったワンチャンからのメッセージで、

「涙を拭いて元気になって。

あなたが悲しんでいるのをみるのが、

一番つらい。」

というメッセージなのだそうです。

それを信じる信じないは別として、実際

そうゆう経験をしている人がたくさん

いるというのには、驚きですね。

私が2匹目のワンチャンをレスキューする

覚悟を決めたのは、あるダックスフンドが

捨てられて、地元のシェルターに届けられ、

その子が妊娠している事が分かったと聞いて

からです。

そのダックスフンドママの引き取り主はもう

決まっていたので、お腹にいる子犬に女の子

がいたら、私がお世話させて頂きます、と

申し出ておきました。

その後まさかの父の死。

パパっ子だった私が

悲しみに落ち込んでいる時に、

「ダックスフンドが女の子と男の子1匹ずつ産んだよ。」

とシェルターから連絡が入ったのです。

しばらくの間ママからミルクをもらい、

乳離れしてから家族として迎え入れました。

今5歳になるルビー。

私をママだと思って、どこへいくにも

着いてきますし、お散歩中に誰かが話しかけ

ようとすると、すぐさま小さい身体で

警戒態勢をとり、私を守ろうとします。

このようにルビーは、

父を亡くして悲しみのどん底にいた私を、

救ってくれて生きる望みを与えてくれた

私の貴重な存在なのです。

記事下

スポンサードリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする