あなたのペットの寿命をご存じでしょうか?長生きさせるためには?

記事上

スポンサードリンク





私達ペット大好き人間に言わせると、

ペットの寿命は短すぎです。

だからこそ、出来るだけ健康に長生き

してもらう為に、色々なケアが必要です。

今回は、ペットによって寿命が変わるのか?

長生きさせる為のケアとは?

などをお話ししていきます。

犬の寿命は、サイズによる

小型犬や中型犬は、13年から中には

20年以上も生きる場合があります。

大型犬は7年〜10年と、とても短いのです。

雑種が長生き

純粋なブリードは、先祖からの病気を

受け継いでいることが多いので、

血統の混じった雑種が、長生きすると

言われています。

去勢したペットが長生き

去勢することで、卵巣などに発生するガンを

防ぐことができ、ヒートになった時などの、

ストレスを消す事ができます。

猫の寿命

平均寿命は15年。

室内の猫で、16年。

室外の猫で14年と、

室内の猫が2年も長いのが分かります。

室外猫と多頭飼いは短い

室外の猫はウィルスや病気にかかりやすく

なったり、交通事故にあう確率も増えます。

そして単独行動を好む猫には、多頭飼いは

ストレスが増えるので、好ましくないとも

言われています。

その他に長生きさせるケアとは?

ペットフードを重視する

決して安価なペットフードを選ばない事。

安いペットフードのほとんどは、

中国産でたくさんの化学薬品や添加物が、

含まれていて危険です。

私たちもヘルシーで、美味しいものを

毎日食べたいですよね。

ペットは私たちが与えられたものしか

食べられない、という事をいつも頭に

入れておいて欲しいのです。

ですからいつも、上質でナチュラルな

フードを選んであげましょう。

そして子犬や子猫の時と、シニアの時とは

身体に必要な栄養が変わってきます。

ですので、年に応じたビタミンの入った、

フードを与えてあげて下さい。

人間の食べ物を、与えない

可愛いと思うのはわかりますが、

ハンバーガーやステーキの残りなどは、

塩分や調味料がたっぷり入っています。

このようなものは、時にはペットには

毒になる事があるのです。

もちろんコーヒーや、チョコレートなどの

カフェインも危険ですし、お菓子などの

砂糖類も、肥満の原因になるので

食べさせないようにしましょう。

運動を欠かさない

人間と同じくペットの世界にも、

肥満は大きな問題になっています。

食事の食べさせすぎに気をつけ、

毎日お散歩に連れて行ったり、

遊んであげてアクティブに、

過ごしてあげるようにしましょう。

最後に

こうしてみてみると、

ペットの世界でもストレスは、

寿命を短くする大きな要因のようです。

毎月のお薬や、毎年のワクチンを欠かさず、

毎日ヘルシーで美味しいフードを与えて、

楽しくお散歩に行き、そしていつもペットの

体調の変化に、気付くように注意してあげる

事が大事なのです。