友人がスキー初心者!お互い楽しむための教え方

記事上

スポンサードリンク





初心者の友人とスキーに行く時に

「どうやって教えよう?」

「お互い楽しむにはどうしよう?」

など悩まれたりしませんか?

今回は、初心者の方が早く上達出来て

お互い楽しめる方法をご紹介します。

一気にやろうとすると事故の元。段階に分けてレッスン

準備体操

まず、最初に忘れてはいけないのが

「準備体操」です。

ゲレンデは寒いので筋肉をほぐしてから

始めないと怪我の元になってしまいます

ので準備体操は入念に行いましょう。

ブーツを履いて歩く

スキーブーツは普通の靴より重みがあり

この重みになれる為に足踏みをしたり

歩いたり走ったりします。

片足スキー

まずは、片足だけスキー板を着けて

片足だけ滑って滑る感覚を覚えます。

もし、転びそうになったらスキー板を

履いていない方の足を地面につければ

バランスがとれます。

両足にスキー板を着けて歩く

片足でスキー板に慣れたら両足にスキー板を

着けて歩く。

その際に足を「ハの字」になるように練習する。

足を上げて歩くのではなく一歩ずつ前に

足を滑らすように歩くのがポイント。

雪面から足が上がらないように注意。

転び方/起き上がり方

始めのうちは転ぶことが多いため転び方を

練習します。

転ぶ際は、手をついたりせず斜め後ろに

お尻から転ぶようにすることがポイント。

起き上がる際はスキー板を平行に揃えます。

雪面に手をついてスキー板の真上に体を

移動させたら、そのまま足に力を入れ

立ち上がります。

滑り方

ここまで出来たらまっすぐ滑って止まる

練習をしていきます。

ハの字のポーズで斜面をゆっくり滑り下ります。

最初から、傾斜があるところで始めると

危ないので傾斜が緩いところで始めましょう。

止まり方

スキー板のトップを狭くしてテールを広くして

進行方向に抵抗をつくって止まります。

この際にトップが重ならないようにスキー板を

ハの字にすることがポイント。

初心者も上級者も忘れてはいけないスキー場のマナー

ゲレンデの真ん中で座り込まない

これは、とても危ないです。

特に見えにくいコーナーの先や死角の場所で

座り込むことはやめましょう。

避けきれずに衝突して大怪我に繋がってしまいます。

休憩時などはゲレンデの端に寄ってからしましょう。

横に広がらない

集団で横に広がって止まると邪魔になり

後ろから追突される危険があるので

縦に並ぶようにしましょう。

レベルにあったコースを滑る

初心者の方が少し滑れるようになっても

いきなり上級者コースに行くと急傾斜が

多く事故に繋がる恐れがあるのでやめま

しょう。

上級者の方が初心者の方に合わせてあげる

ようにして下さい。

まとめ

いかがでしたか?

スキーの基本的な教え方をまとめてみました。

経験者の方が教えるのが難しいなと感じたら、

料金はかかりますが午前中は初心者の方は

スクールで習って午後から一緒に滑ることを

オススメします!

お互い気を使わずにスキーを楽しめると思います。

記事下

スポンサードリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする