古いキッチンをおしゃれに〜自分で出来る簡単DIY!

記事上

スポンサードリンク





アメリカではポピュラーですが、

最近では日本でも古い家を買って、

自分の好みのデザインにリモデリング

するのが、流行ってるそうですね。

その中でもあなたが一番長くいるキッチンは、

今風に便利に建て替えたいですよね。

経費をあまりかけずに、自分でも簡単に

出来る方法って、あるのでしょうか?

キッチンキャビネットの扉を変える

キッチンで目立つのは、キャビネットの扉です。

それを新しいキャビネットのように見せる

トリックです。

  1. キャビネットの扉を外し、取っ手も外して、ペンキで色を塗り替える。
  2. キャビネットの扉を外し、取っ手も外して、壁紙を貼る。

キッチンの壁の色を変える

  1. 昔のキッチンは、暗いイメージがありますね。
    明るい色に塗り替えるのも、簡単でとても効果大です。
  2. 壁が壁紙を貼ってあったら、新しくシックな壁紙や華やかな壁紙に張り替えるのも、良いアイデアです。

収納を変える

バスケットを利用する

時にはキャビネットの扉を全部外してしまい、

わざと中が見えるようにする場合もあります。

そしてこの時にオシャレな

バスケットを利用して収納します。

見た目も落ち着いて、

とても素敵に変化します。

吊り下げる

広いキッチンでない場合、100均などに

売ってある突っ張り棒などを買ってきて、

おたまや布巾など下げられる物は全て

下げると、場所が確保出来ます。

この時にS字フックも利用すると、

上手に色々な物が下げられます。

壁を利用する

壁のデッドスペースを利用して、

シェルフを設置し、ハーブや調味料を

置くスペースとして利用します。

すのこや網を利用する

100均などに売ってあるすのこなどを使って、

食器乾燥スペースにすればオシャレですね。

黒板シートやウォールシールを活用する

黒板シートやウォールシールを貼って、

冷蔵庫や壁を飾ったりしてもオシャレ倍増です。

調味料入れを工夫する

雑貨店などに売ってあるオシャレなボトル

などを使って、調味料入れにし、わざと

見せるのも良いでしょう。

カフェカーテンを利用する

収納する場所を見せたくない場合は、

カフェカーテンを利用するのも良い方法です。

キッチンの壁の色に合わせたり、

ナチュラル風にするのも良いでしょう。

アクセントに!

壁などのアクセントに、100均で売ってある

タイル柄や木目の柄で、簡単に貼れる物を

部分的に使ってもオシャレです。

まとめ

日本の100均は、ハイクオリティーで安い

とアメリカでも有名です。

今はDIYが流行っているので、たくさん

便利な商品が置いてありますよね。

オシャレなフロアーシートを置いても、

ガラっと感じが変わります。

それらをどんどん利用するだけでなく、

自分のアイデアも加えて古いキッチンを

オシャレなカフェ風に変えてみると、

毎日のお料理も楽しくなりそうですね。