DIYやるなら必ず手に入れよう!おすすめインパクトドライバー!

記事上

スポンサードリンク





以前私は家具屋さんをやってたので、

自分で色々DIYやってきました。

その時に活躍したのが、

電動ドリルドライバーです。

先っぽ(ビット)を取り替えて、

色々なネジの大きさなどに対応します。

でももっと便利なインパクトドライバー

って物が、あったんですね。

DIY好きの私には、要チェック!

電動ドリルドライバーとインパクトドライバーの違い

電動ドリルドライバー

穴あけとネジ締めの両方が出来る。
回転のみの動き。

インパクトドライバー

回転に打撃を加えて、ネジ締めをします。

電動ドリルドライバーよりも、

強烈にネジ締めするのが可能。

どんな時に活用出来るのか?

電動ドリルドライバー

穴あけ。

軽くて柔らかい木材のネジ締め。

小さな作業に向く。

インパクトドライバー

長いネジ締めも可能。

硬い木材にも対応する。

壁や大きい家具に向く。

こうしてみてみるとインパクトドライバーは

力の必要になる作業、例えば2×4材を使った

作業や、壁に釘を打ち付けていく作業には

最適のようです。

その他のインパクトドライバーの機能

  • トリガーを引くとスイッチオン!
  • このトリガーの引き加減で、スピード調整が出来る。
  • トリガーの上にライト付き!
  • トリガーの横のスイッチで、逆転も出来る。

インパクトドライバーの使用中の注意点

  • ビットが外れないように、そして木材が割れないように、ゆっくり慎重に始める。
  • 回転と打撃が加わるので、騒音がします。
    狭いマンションなどで使用する時は、苦情がこないように注意が必要です。
  • コンセントをはめる前に、ビットを取り付ける。
    これは怪我をする原因になるので、守って欲しいと思います。
    先にコンセントを入れておくと、ビットを取り付ける時に、いきなり電源が入ったりするからです。
  • 10.8Vくらいのバッテリーで充分なパワー!
    あまりに大きなパワーの物を買うと、家具や木材が割れたり、ネジがつぶれたりします。

インパクトドライバーを使う際のコツは?

  • しっかりドライバーをおさえ、グラグラしないようにします。
  • ネジ締めの直角になるようにして、ネジを締めたり釘を打ち付けたりします。

斜めに構えると当然ですが、ネジや釘も

斜めに入り家具や木材をおさえている

もう一方の手の方にネジや釘が出てきたりして、

怪我する事がありますし、家具の組み立て

などでは垂直に打たないと、きちんと

まっすぐした家具が、出来上がりません。

まとめ

このようなドライバーのブランドでも

日本のブランドは、高性能でアメリカでも

大人気です。

普通の電動ドライバーを使っていて、

何度怪我したかわかりません。

最初はゆっくりトリガーを引くのが、コツですよ。

いきなり速いスピードで稼働させると、

ビットが外れたりしますし、

そうなるとしっかりドライバーをおさえてる

手が木材に叩きつけられたりして、怪我する

時もありますから、充分注意して下さいね。