壁紙を変えるだけ!こんなにおしゃれにリノベーション〜簡単DIY壁紙キット

記事上

スポンサードリンク





アメリカでは、頻繁に壁の色を塗り替えたり、

壁紙を張り替えたりします。

子供部屋なんかは、特別ですね。

キッチンやベッドルームなどの壁も、

シーズン毎や初めて訪ねて来る

お客様の為に変えたりします。

だからこそ、簡単でアクセントのある

キットを使うと便利なのです。

DIY壁紙のメリットは?

まずコスト削減は当然です。

そして業者に頼むと、自分の気に入った柄が見つからない事があり、不満が残ります。

生のり付きのキットが、おすすめ!

生のり付きで、ペラっとはがして貼るだけの

壁紙は、ほとんどの壁の質に対応出来るので、

安心してトライ出来ます。

小さなエリアから始めよう!

まずはキッチンやリビングルームの

アクセントとして、小さなエリアから

始めてみましょう。

初めから大きい壁を全部しようとすると、

挫折します。

トイレや家具など

トイレのタンクや、小さな家具などに

貼ってみて、コツをつかみましょう。

練習と思えば良いです。

でもちょっとのエリアでもアクセントがつけば、

ガラっと雰囲気が変わります。

古い壁紙の上に貼る場合

古くなった壁紙を綺麗に吹き上げます。

ホコリがあったりゴミがついていると、

表面がでこぼこしたり後で剥がれやすく

なります。

古い壁紙が剥がれている箇所は、接着剤で

しっかりくっつけます。

これもしっかりくっつけていないと、

新しい壁紙が古い壁紙と一緒にはがれて

しまうからです。

余った壁紙を切る

壁紙を貼っていき余ったら、その部分を

地ベラを当ててカッターで切り取ります。

綺麗に馴染ませる

切った壁紙を取り除いたら、水を含ませた

スポンジを絞り、周りについたのりを拭いて

綺麗に馴染ませます。

キッチンキャビネットの扉も!

キッチンキャビネットの扉やカラーボックス

の一部に、貼ってもオシャレですね。

輸入壁紙も便利

  • 輸入壁紙は、適度な吸着力で一度貼っても、又ペロっとはがせるので便利です。
  • 壁紙の幅が50cmと狭いので、女性にも簡単に貼る事が出来ます。
  • 狭い幅の壁紙なので、アクセントにはもってこいです。

どんな柄があるの?

  • カラフル
  • カントリー調
  • カフェ風
  • ドット
  • ペイズリー柄
  • ヨーロピアン風
  • ナチュラル系

などなど様々な柄があります。

その他の活用法

・壁紙を厚紙などに貼って、フレームに入れると変わった壁掛けの出来上がり!

・キッチンの引き出しや、家具の引き出しの中に貼ると、引き出しを開けた時にカラフルでとても可愛く変身します。

・子供の椅子やベンチなどにも、貼ったりはがしたりして、お子さんと一緒に色々な柄に変えるのも楽しそうですね。

まとめ

今は本当にたくさんのオシャレな壁紙の柄が

あるので、ちょっと傷んだ壁や汚れた家具

などを、壁紙キットでちょっとの部分だけを

処置すると、まるで新しくなったように

大変身しますよ。