体にやさしい!お酢を使って家中ピッカピカにお掃除する方法

記事上

スポンサードリンク





アミノ酸やクエン酸が豊富で美容と健康に良いお酢が

掃除にも役立つって知ってましたか?

ひとくちに「お酢」と言っても、穀物酢、米酢、

ホワイトビネガー、果実酢などいろいろな種類が

ありますよね。

お掃除に使えるのは穀物酢、ホワイトビネガーなどで、

米酢や果実酢などにはうまみ成分が入っているので、

お掃除には不向きなんです。

どれでも掃除に適しているわけではないので注意してください。

お酢はツ~ンとする匂いがあるので、気になる人は

クエン酸でも大丈夫です。

穀物酢はどこでも買えて価格もお手頃なので、

お財布にも優しいのでおすすめです!

掃除に使える酢の効果って?

お酢は酸性なのでアルカリ性の汚れを落とし

やすくしてくれたり、殺菌したりする作用が

あります。

水垢や石鹸垢などを簡単に落とすことができて

トイレのアンモニア臭も緩和し、さらに

強い殺菌力で雑菌の繁殖やそれに伴う臭いも

防ぐことができちゃいます。

お酢と水を11で作った酢水を排水口の

ヌメリ取り、ガラス製品の曇りとり、

フローリング拭きに使えます。

黄ばんだ畳には、水2ℓにお酢約100mlで作った

酢水を浸して固く絞ったぞうきんで拭くと良いそうです。

畳の目に沿って軽く拭くようにしてください。

お酢1カップに塩小さじ2をいれ、熱湯をかけた

まな板や包丁に吹きかけて一晩置くと、

殺菌・除菌効果があるようです。

水2~3リットルにお酢200mlを入れてよく混ぜ、

電気ポットで1時間ほど通電してお湯を捨て、

洗い流すと電気ポットの内側の汚れ落としができます。

茶しぶを落とすなら、お酢の原液をつけた

スポンジでこすると良いです。

トイレ掃除には、お酢を2~5倍に薄めた酢水を

スプレーしてください。

汚れがひどいときは、酢水を染み込ませた

キッチンペーパをきれいにしたいところに

貼ってしばらく置いてからこすってみてください。

重曹と組み合わせて、効果倍増!

重曹とお酢を混ぜると勢いよく泡が出てくるので、

それを利用してお掃除ができます。

重曹を排水口に振り入れ、重曹と同量のお酢と

熱湯を混ぜて排水口に流し入れる。

すぐに栓をして30分ほど待てばOK

30分したら熱湯ですすいでね。

この他に、浴室の汚れ落としにも効果があります。

浴室の汚れは水垢と湯垢があり、水垢が

アルカリ性だけど湯垢は酸性なんだそうです。

石鹸カスや身体の脂などが水道の成分と

混ざった汚れで、アルカリ性も含まれています。

こんな汚れには重曹とお酢を混ぜたものを塗り、

しばらく置いて洗い流せばきれいになります。

この泡の正体は炭酸ガスなので安心ですが、

換気にも気を付けてください。

重曹とお酢を混ぜるのは大丈夫ですが、

他の薬剤などを絶対に混ぜないで!

お酢は食品なので、安心して使えます。

おまけに低コストで気兼ねなく使えるし、

何よりどこのご家庭にもある身近なものです。

思い立ったらすぐにお掃除ができるので、

気になる汚れがあったら試してみてください。

記事下

スポンサードリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする