財布にやさしく手軽で安全!掃除に使えるクエン酸って?

記事上

スポンサードリンク





クエン酸と聞いて、疲労回復に効果があるやつ?

と思う人も多いですよね。特に若い人には。

クエン酸ってレモンなどの柑橘類や梅干し

などに含まれる酸、つまり“スッパイ”成分です。

でも、主婦だったり若くても一人暮らしの人

だったりには“掃除”と連想する人も多いの

ではないでしょうか。

昔、聞いたことがあるかもしれないけど、

難しいことは抜きにして・・・

クエン酸は名前の通り“酸”性なので、

アルカリ性を中和させると覚えてください。

つまり、アルカリ性の汚れ落としに

効果があるってことなんです。

では、掃除に活用する方法をお教えしましょう!

水回りにおすすめ!クエン酸を使った掃除の方法は?

アルカリ性の汚れに強いってことは、キッチンや

浴室の水アカ、トイレの嫌なニオイや黄バミなど、

水回りの掃除に最適ってことなんです。

クエン酸は天然成分なので、小さいお子さんや

ペットがいても安心して使えます。

クエン酸はドラッグストア、ホームセンター、

100円ショップなどで簡単に入手できます。

粉末、液体(クエン酸水)で売られていますが、

粉末を買った方がお財布にやさしいです。

クエン酸水の作り方

スプレーボトルに水200mlにクエン酸小さじ1杯程度、

水500mlにクエン酸小さじ2~2杯半程度を溶かします。

あとはこれをきれいにしたい場所に吹きかけて

こするだけなんです。

汚れの程度に合わせてクエン酸を少し増やす

などの調整をしてください。

ここで使おう、クエン酸

準備したクエン酸水が役立つのは…

クエン酸はアルカリ性の汚れを落とすのが得意なんです!

まずはトイレ、トイレの便器、特にフチ裏は

気になりますよね。

床や壁のお掃除にも効果がありますよ。

ただし、クエン酸の酸でタンク内の部品を

傷める可能性があるから、トイレのタンクに

使うのはダメ!です。

次は浴室、クエン酸は水垢やミネラルの汚れを

落とすのも得意です。

鏡や浴槽、床の水垢を落とすのにピッタリ!

洗面台の掃除にも使えます。

しつこい汚れの場合、クエン酸水をふくませた

キッチンペーパーのうえから乾燥防止として

ラップなどをかけて少しおいてからこすって

みてください。

その他にクエン酸水の濃度を高くするなど試してください。

掃除には重宝するクエン酸ですが、

気をつけないといけない点もあります。

大理石に使うと溶けてしまいます。

人工大理石でもメーカーによっては、使えない場合もあります。

鉄製品に使うと錆の原因になります。

塩素系の洗剤などと混ぜると有毒ガスを発生

するので、絶対に混ぜて使わないでください。

トイレの水受け部分に使うのは問題ありませんが、

トイレのタンク内に使うと部品を痛めてしまう

可能性があります。

水漏れなどが発生する可能性があるので、

クエン酸を使うのは水受け部分だけにとどめて

水受け部分のクエン酸はしっかりふき取って

から水を流して下さい。

これらのことに注意しながら、上手に

クエン酸を活用して家中をピカピカにしましょう。