収納のない部屋に収納をつける方法

記事上

スポンサードリンク





一人暮らしの方やお子さんがいる方など

荷物が多くて収納場所が足りなくって

困っていませんか。

最初は、きちんと整頓されていても

だんだん物が溢れてきて、なかなか

片付かなくなってしまうのではない

でしょうか。

今回は、狭い場所でも収納を作る方法や

普段から気を付けることなどまとめてみました。

壁に、隙間に、ベッドの下に、有効な収納方法

お部屋の空いているスペース別に収納方法を

ご紹介していきたいと思います。

見せる収納

壁にフックを付けて洋服をかけたり、

ポールや突っ張り棒を天井から吊るして

洋服をかけたりするとアパレルショップ風な

部屋になり、手持ちの服を一覧出来るので

朝起きた時のコーディネートにとても便利です。

籠収納

収納するのに便利でおしゃれな籠は、

壁に付ければ場所を取らずに収納スペース

としても活用出来ます。

タオル掛けのレールや突っ張り棒にフックや

結束バンドで籠を吊るすだけです。

見た目もおしゃれでとても使いやすくて

洗面所やお風呂場の脱衣所にオススメです。

また、素材や大きさや高さの違う籠を隙間が

あるところに並べて置いておくだけでも

インテリアのようにマッチしておしゃれ

収納になります。

籠はおしゃれなだけでなく通気性のある

素材が多いので湿気対策にもなり一石二鳥な

収納用品です。

ベッド下収納

ベッドの下の空間は上手に使えばお部屋を

スッキリさせることが出来ます。

ベッドの下で使えるクリアケースが収納には

便利です。

横にひいて開けるタイプや上の蓋半分が開く

タイプなど色々なタイプが販売しています。

また、キャスター付のすのこを使えば、

重い物も出し入れが簡単に出来ますので

本や漫画などの収納にもオススメです。

物が溢れない為に、普段から気を付けるべきこと

「必要のない物は捨てる!」は片づけの

基本中の基本になりますが、なかなか

捨てられない方が多いのではないでしょうか。

そんな時は、必要な物、必要ない物を分け、

必要な物か必要のない物かわからない物は

1年保留にしておき、1年経っても

使わなかったら捨てるという風に分けると

劇的にお部屋はスッキリします。

また、自宅にある物を正確に把握しておけば、

物で溢れることが防げます。

まとめ

いかがでしたか?

最近は、隙間収納用品やグッズなどが

たくさん販売していますので収納場所が

ないと諦めずに色々調べてみることを

オススメします!

また、物が溢れないように購入する際、

1度時間を置いて考えてから購入すると

衝動買いも抑えられますので試してみて

下さい。