今持ってる古布でとってもキュートに完成する〜ハンドメイドのバッグ

記事上

スポンサードリンク





たくさん余ったキッチンタオルとかありませんか?

このような古布を使って、

簡単にバッグを作ってみましょう。

私はずぼらなので、型紙も何もなしで適当な

大きさの布を使いました。

小さな布を色々縫い付けて、好みの大きさに

してもパッチワークみたいで可愛いですよ。

作り方の手順

トートバッグの布切断

大体で良いので、自分の欲しい大きさの

バッグに布を切断します。

私の場合は、縦60cmx横40cmにしました。

取っ手の切断

これも長い取っ手が良かったら、

長くカットしますが、私のは

縦30cmx横6cmを2つ切断しました。

トートバッグを縫う

トートバッグ本体の表になる方を内側にして

半分に折ります。

そして両側を縫います。

マチを作る

マチ幅も好みですが、私は10cmにしました。

底になる両側の角から10cmのところに

線を引き、三角にカットして縫います。

バッグの口を三つ折りにする

バッグの上部である口の部分を、

2cmくらいの三つ折りにして

アイロンをかけておきます。

取っ手を縫う

切断しておいた2つの布の全側面を、

5mmくらい裏側に折り込んで縫います。

そして中心から半分に折って、又

縫い合わせます。

これで取っ手が2つ出来るはずです。

この取っ手を、バッグの口に挟む

バッグの上部の三つ折りにした部分に、

作った取っ手を挟み込んで縫い上げます。

そしてその取っ手がグラつかないように、

しっかり何度か縫い付け固定させます。

これで基本的なトートバッグの出来上がりです!

これに自分のアイデアを加えると、

とってもオシャレな自分だけの

トートバッグになりますよ。

トートバッグの底

空き箱などの強い厚紙を底の大きさに

フィットするようにカットして入れると、

しっかりと座るバッグになります。

布の強さ

布を重ねる事で、布の強さも調節出来ますし、

古いキルト生地などで作っても良いですね。

ボタンなども使う

使わないボタンなども、

どんどん色んな場所に縫い付けると、

凄くクールな感じに仕上がります。

慣れてきたら!

慣れてきたら口の真ん中にマジックテープや

スナップフックなどを縫い付けてみると、

軽く口が閉まりますね。

そしてそれが上達してきたら、

ファスナーにしても良いでしょう。

ポケットなんかも違った布を使って縫い付けると

アクセントになって、とても可愛くなります。

まとめ

私はアバウトな性格なのでいつも

大体で済ませてしまいますが、それでも

毎日のちょっとしたショッピングには

可愛いトートバッグが出来ましたよ。

案外、枕やクッションの生地って丈夫なんですよね。

このような古くぺったんこになった

クッションの生地などを、

リサイクルで使ってもオシャレです。

ぜひ試してみて下さい。