電気を使わず加湿が出来る〜簡単に出来るエコな手作り加湿器!?

記事上

スポンサードリンク





私が以前、よく出張に行ってホテルに
宿泊していた時に、自分の下着やTシャツ、
タオルなどをササッと洗って、部屋干しを
していました。

そしたら次の日には、パリパリに乾いていた
記憶があります。

特に暖房の効いた部屋では、びっくりするほど
乾燥しているのですね。

という事は、その洗った物から湿気をもらって
いたという事になります。

こんな風に自分で出来る、エコな加湿方法って
他にもあるのでしょうか?

私がやってた部屋干しは、正解!

そうなんです。
部屋干しは乾燥している時にお部屋の加湿の
助けになるので、太陽光線が入る場所に
洗濯物を干すのは、良いアイデアだったのです。

口の広い鍋に水を入れて沸かす

お鍋に水を入れて沸かし、湯気をお部屋に漂わせる。

そういえば、昔はストーブの上にやかんを置いて、
湯気を出していました。

これって合理的な事だったんですね。

お風呂の後、蓋を開けてドアも開けておく

お風呂が終わったら、蓋をせずに、お風呂の
ドアも開けておきます。

お風呂の湿気が、どんどんお部屋に送られてきますよ。

コップや洗面器に水をはっておく

お部屋の安全な場所に、洗面器やコップに
お水を入れてただ置いておきます。

1日たつとびっくりしますよ。
蒸発してるから!

パソコンで仕事している人に

パソコンのそばに濡れたタオルを、置いておきます。

これだけでタオルから少しずつ蒸気が出て、
湿気を与えてくれます。

キッチンペーパーで加湿!

浅いお皿などに水を入れて、キッチンペーパーを
適当に入れます。

これだけで、一日中水分を蒸発してくれます。

日本手拭いで加湿!

ハンガーに和風の日本手拭いを、引っ掛けて
下に洗面器をおき、少し水をはって
その日本手拭いの下が、少し水につくように干します。

そうすれば日本手拭いに、水分が吸って上がって
きて蒸気を出してくれます。

素敵な日本手拭いを使うと、お部屋に置いてても
可愛く演出出来ます。

新聞紙だって!

新聞紙を丸めて何本か作り、水を入れたバケツに
入れて置いておいても効果があります。

英字の新聞紙で、レトロなバケツだったら
結構素敵なお部屋のアイテムになるかも!

和紙や障子紙を使って!

残った和紙や障子紙がありませんか?
それらを丸めても良いし、折り紙のようにして
何か折っても良いですね。

そして水を入れたツボか何かに、差し込んでおきます。

和風で粋な、置き物で加湿もしてくれますよ。

フエルトも!

お裁縫などをする人は、たくさん残った
フエルトがあると思います。

それを適当に切るか、折るかして浅めのコップに
入れておきます。

まとめ

このように水をはって入れて置くものは、
乾いた物でなおかつ、蒸発が早いものにします。

色々自分の周りを見渡してみたら、たくさん
アイデアが出てきそうです。

こんな風に高い加湿器を買わなくても、
可愛い自分のオリジナル加湿器が作れるんですね。