毎年悩まされるのはもうコリゴリ!?手荒れを治す方法とは?!

記事上

スポンサードリンク





私も若い頃からずーっと、手荒れに
悩まされてきた一人です。

毎日何回もハンドクリームを塗り、
ちょっとの間は良いのですが、
すぐにカサカサしてきて、ひどい時は
ひび割れして血が滲み出し、
病院に通った事もあります。

色々な治療をしても全く治らなかったのが、
最近ある事を変えたら、いつの間にか
手荒れが治っていました。

今回は私自身が驚いた経験を、お話ししていきます。

手荒れを治すのに効果的な食べ物って?

まずハンドクリームを塗るのも大事ですが、
身体の中から変える事が必要です。

必要な潤いを、身体の中から肌に与えるためです。

そのためには、食生活の改善です。

ジャンクフードを避ける

スーパーなどに売ってある便利な
プリメイドの食べ物は、買わなくなりました。

もうパックしてあるものや、お菓子なども
ほとんど食べません。

ファーストフードもきっぱりやめました。

じゃあ何を食べれば良いの?

@良質のタンパク質
鶏肉や牛肉、豚肉、お魚、卵や豆腐、
納豆などは、以前よりもたくさん食べます。

@良質の脂肪
アボカドやオリーブオイル、ココナッツオイルを
積極的に使っています。

アボカドは、サイドディッシュやサラダ
としても食べていますし、お料理や
ドレッシング作りには、オリーブオイルや
ココナッツオイルが大活躍します。

@ヨーグルト

便秘をなくすように、良質のビフイズ菌が
必要ですから、毎日スナックには
グリークヨーグルトを食べています。

これで腸をお掃除してくれるので、
自然にお肌の調子が良くなります。

@フルーツ
その時の旬の新鮮なフルーツも、
デザートやスナックとして良く食べます。

フルーツに含まれるビタミン類が、
お肌の調子を整え、アンチエイジングの
手助けもしてくれます。

グルテンフリー

@パン食からごはん中心に!
以前はパン食が中心でしたが、
グルテンが皮膚にもすごく悪い事を知って、
グルテンフリーの食生活に変更しました。

主食はごはんや、丼、おにぎりです!

@十割そばかグルテンフリーパスタ
麺類を食べたい時も、十割そば
グルテンフリーパスタにして、
グルテンフリーに努めています。
つまりはグルテンを摂らない事だった

何十年も悩んできたひどい手荒れが、
グルテンからのものだったとは
思いもしませんでした。

この新しい食生活を続けていて
半年くらいしたら、すっかり手荒れが
治ったのですが、ある日お友達と
ランチに出かけて、気を許してしまい
普通にスパゲティとフランスパンを
食べてしまった次の日には、もう手が
カサカサして、かゆみも出て便秘にも
なってしまったほどです。

まとめ

最近の小麦粉は本当に怖いのですね。

グルテンだけではなく、小麦粉を作る行程での、
大量の農薬、化学肥料、防腐剤の原因にも
よるものです。

難しそうに思えますが、慣れてくると
小麦粉は人生になくても全然平気になります。

それどころじゃなく、体調やお肌の調子も
どんどん良くなるのですから、手荒れで
悩んでいるあなたも、試してみてはいかがでしょうか?