もう投げ出したい!子育てからのとめどないストレス発散できるの?!

記事上

スポンサードリンク





人間誰でもストレスを感じます。

悲しみや怒り、心配ごとなどの感情によって、
身体全体が硬くなり緊張します。

この緊張は、次に起こるかもしれない事態に
構えるために大切な身体の行為なのですが、
これが長続きすると、ストレスとなって
疲れやイライラの原因になってしまうのです。

ですが人間はこのストレスを発散するリラックスの
仕方も、学ぶことができます。

以下にご紹介する事を、是非試してみて下さいね。

ストレス発散法

筋肉をほぐす

ストレスでカチコチになった筋肉をほぐしていきます。

まず両足を肩幅に広げて立ちます。
両腕を両脇に垂らしたまま、こぶしをギューっと握って、
手から腕、肩までの筋肉を硬くします。
5秒ほどその状態で止めたら、
両手を少しずつ開いて力を緩めていきます。
そして両手を思いっきり広げます。

次に両手、腕、肩、そして首までの力を緩めます。
今度は腹筋に力を入れて、グーッと硬めます。
5秒とめて、またゆっくり腹筋を緩めます。

その次は床に両足を投げ出して、座って下さい。
そして足先からふくらはぎ、太ももまでギュッーっと
力を入れて、筋肉を硬くします。
5秒とめて、両足全体の力を緩めます。

この動作を各々何度か繰り返すと、
身体中の筋肉がリラックスして、
身体が温まってくるのがわかるはずです。

呼吸を意識する

人間がストレスを感じている時は、
息が短く荒くなります。

それどころか普通に生活していると呼吸を意識しないので、
きちんと呼吸ができていなくて、
脳や身体に酸素が行き届かず、
ストレスが増すと言われています。

ストレスがたまって頭がおかしくなりそうな時は、
まず床にリラックスして寝転がります。

仰向けになって両手のひらをお腹より少し下に置いて、
ゆっくり息を吸っていきます。

両手のひらで、酸素がゆっくり肺とお腹に
入ってくるのがわかると思います。

お腹が酸素でいっぱいになったら、
口でゆっくり息をはいていきます。

この呼吸法をできれば5分くらい、
毎日試してみましょう。

この呼吸に慣れてくると、
ストレスを感じた時に立ったままでも、
この方法で深呼吸出来るようになり、
即席でリラックス感を得られるようになるのです。

頭の中だけでもバケーションに行ける

この訓練は、目から入ってきたストレスの状態を
緩和するやり方です。

例えばあなたが、オモチャでバラバラに散らかった
子供部屋を見たとします。

「あんなに片付けなさいって言ったのに!」
とカーっとすると思いますが、
この時にまず深呼吸をして、目を閉じます。

そして頭の中であなたが行きたい場所、
海でも山でも、緑の広がる公園でもどこでも良いので、
想像します。

たった5分でも頭の中でバケーションに行く
トレーニングをしてみれば、
ずっと気持ちが落ち着いてくるでしょう。

地球の終わり?

例えば「子供が散らかすから、ストレスがたまる。」とか
「子供がお風呂に入らないとグズるから、ストレスがたまる。」
と感じたら、「お掃除しないと明日地球が終わってしまうかしら?」
「子供がお風呂に入らないと、死んでしまう?」
と問いただしてみましょう。

毎日育児プラスやる事が山ほどあって、
全部1人でこなそうとすると、
ストレスが一気にたまります。

散らかっていても、子供が1日くらいお風呂に入らなくても
良いじゃないですか。

出来ることだけ、やれば良いのです。

無理は毎日続きません。

テレビや携帯をオフする

時々は外からの様々な雑音を絶つために、
テレビや携帯をオフにするのも、
ストレス発散につながります。

忙しくてバタバタしている時に、
くだらない電話やテキストで、
もっとイライラが倍増することもありますから。

好きな音楽を聴く

テレビや携帯を切って、
自分の好きな音楽を聴くのも、
ストレス発散に大変な効果があります。

ただの音楽だけでも良いですが、
お気に入りの歌手の歌を聴いていると、
嬉しくなったり、勇気付けられる歌詞があって、
思わず笑顔が戻ったり、反対にウルウルきたりして、
ストレス発散になるのです。

日記を書く

自分の感情を文章として、
何かに書き留めるのもストレス発散法の一つです。

今日やったことでも、なぜこの時頭にきたか、
子供が今日はこんな成長を見せた、
などなんでも良いので書いてみましょう。

自分の感情をノートにぶちまける事で、
気持ちがスッキリします。

時には詩を書いても良いんですよ。

私は子育て中、自分の気持ちを詩に託してストレス発散し、

子供が大きくなった時には、
その詩集ノートが何十冊にもたまっていました(笑)

毎日一度は好きな事をする

子育ては24時間ノンストップで、
子供の世話をしなければなりません。

その上夫のためのお料理や洗濯、
お掃除などが加わるとストレスがたまるのが当たり前。

1日に1度は必ず自分の好きな事をするようにしましょう。

あなた自身を幸せにする行いをするのは、とても大切な事です。

まとめ

こんな感じで、ストレス発散の方法を日常の生活に
取り入れられるように、トレーニングしましょうね。

あまり先の事を心配せず、
その日は2度とかえって来ないのですから、
その日を大事に過ごして下さい。