クーラーなしでも部屋を涼しく!?エコな夏の暑さ対策方法とは?!

記事上

スポンサードリンク





私はクーラーが嫌いなのですが、
真夏の暑い夜は寝苦しくて
ついついクーラーをつけてしまいます。

これでかえって風邪をひいたり、
体調が悪くなったりする事もあります。

出来れば節約のためにも、
健康のためにもクーラーを使わずに
夏を乗り越えたい!

という事で、色々調べてみました。

クーラーと扇風機の電気代の差

10時間クーラーを使った場合
平均電気代は、110円

扇風機を10時間使った場合
平均電気代は、何と9円だそうです。

扇風機はクーラーの10分の1以下の電気代!
それじゃあ扇風機を使うしかない!

外出から部屋に戻った時

外出先から部屋に戻ってきて、
部屋の空気がムッとする事があります。

そんな暑いこもった空気は、
扇風機を部屋から外に向けてオンにします。

「外に?」と不思議かもしれませんが、
部屋中の熱気が外に逃げてくれると、
外部の涼しい空気が入ってきてくれるからです。

部屋の中で暑い時の扇風機の使い方

お部屋で暑い時は、洗面器に氷か
保冷剤を入れて、扇風機の前に置いて
風をおくってみましょう。

冷気が部屋の中にそよそよ入ってきますよ。

除湿機も併用する

夏の湿気をおさえて乾燥させると、
涼しく感じるようになります。

除湿機と扇風機を併用すると、
もっと効果的です。

キュウリやスイカのスムージー

スイカやメロン類、キュウリなどは
身体を冷やしてくれるヘルシーフードです。

これらのスムージーを氷も入れて、
作って飲んでみましょう。

これは凄く効果大です。

私が冬にキュウリのスムージー作って
飲んだら、一気に寒くなりましたから、
立証済みです。

寝苦しい夜は

夜は顔が暑いので頭の方に扇風機を
置きがちですが、足元の壁に向けて置いて、
壁に一度あたった扇風機の風が、
はね返ってあなたの身体にくるようにするのが、
1番寝心地のよいそよ風だそうです。

首を振るのも良いですし、出来るだけ直接
扇風機の風を、身体にあてないようにしましょう。

特にお子さんやお年寄りには、朝方など
涼しくなった時に急激に冷える事から、
危険な場合もあるので注意して下さいね。

ペパーミントエッセンシャルオイル

真夏の暑い日は、うちではこのオイルが
大活躍します。

ペパーミントオイルをほんのすこし、
首に塗るとひんやりスースーして、
とても気持ち良いですよ。

夏の入浴剤

ペパーミントオイルと同じような効果ですが、
夏用の入浴剤を活用するのも一つの手です。

お風呂上がりにスーっとして、
心地よい眠りにつけます。

まとめ

このように、クーラーやエアコンが
なくてもへっちゃらです!

外部の直射日光を遮断するために、
カーテンやスダレも活用して下さいね。

クーラーでガンガン冷やすやり方ではなく、
身体に優しく涼をとって健康に、
そして節約しながら夏を過ごしましょうね。