簡単!経済的!エコ!時短ゆで卵の作り方!?

記事上

スポンサードリンク





卵は、最高のタンパク質!
安くて何にでも使えますよね。

うちではよくゆで卵を作って、
色々な料理に使います。

でも時々ゆで卵を作るのを忘れていて、
慌てる事があります。

そんな時に利用したいのが、
これらのエコで時短なゆで卵の作り方です。

半熟卵の簡単な作り方

(1)お鍋に1cmくらいに水を入れ、卵を入れます。
中が見えるように透き通った蓋をして、点火します。
沸騰したらそのまま3分待ちます。
3分たったら、火を止めてそのまま蓋もしたまま放置します。
5分ほど置いておくと、ちょうど良いくらいの半熟卵が出来ます。
時間によって、半熟具合が変わるので好みに調節してみてください。

(2)お鍋に卵を入れます。
お水をお玉一杯分入れます。
蓋をして、中火で6分茹でます。
6分後、火を止めて3分待ちます。
冷水にとって、すぐ皮をむきます。
美味しそうな半熟卵の出来上がり!

(3)水をお鍋に、1cmほど入れます。
卵を入れます。
蓋をしてから、火をつけます。
沸騰したら中火にして、5分茹でます。
5分たったら火を止めて、3分待ちます。
皮をむいたら、トロッとした感じの半熟卵になってますよ。

圧力鍋で半熟卵!

アルミホイルを3cm切って半分に折り、両はしをとめます。
このリングに卵を立てていくので、卵の個数の分作って下さい。
そのホイルリングを圧力鍋の目皿の上に置いて、卵のとがった方を
下に向けて置いていきます。
目皿の線まで水を入れて、高圧で1分加熱します。
1分後、火を止めて5分蒸らします。
蒸らしたら、冷水にとって皮をむきます。
圧力鍋でも簡単に半熟卵が出来ますね。

固ゆで卵の作り方

(1)卵を鍋に入れます。
お水を2cmくらいの高さまで入れます。
蓋をして強火で、加熱していきます。
沸騰したら火加減を調整しながら、4分茹でます。
4分たったら蓋をしたまま、8分放置します。
卵をたくさん茹でる場合は、茹で時間を少し長めにしてみて下さい。

(2)お鍋に卵を入れます。
いくつでもオーケー!
お水を1cm入れます。
蓋をして点火し、強火で沸騰させます。
沸騰したら中火にして、3分茹でます。
3分たったら火を止めて、5分ほど放置します。
基本的に粗熱が取れるまで、置いたら出来上がりです。

炊飯器でゆで卵!

お米を炊く時に、お米と水の入った炊飯器に
洗った卵を、一個真ん中に少し埋めるように置きます。
そのまま普通にご飯を炊くだけ。
ご飯を炊くついでに、ゆで卵も出来ちゃいます!

まとめ

うちではゆで卵は、いつも大活躍。

ラーメンなどの麺類の上に、乗せるのは
当たり前。

鶏肉と大根などと一緒に、煮卵も
家族みんな大好きです。

おでんはもちろん、野菜サラダの時に
細かく切って、パラパラ乗せたり、
ポテトサラダにも混ぜて、
色を鮮やかにします。

こんな風にうちでは、何もなくても
卵さえあればなにかと大助かりです。