エコな暮らしを実現しよう〜簡単で無理のないエコ方法!?

記事上

スポンサードリンク





みなさんは、「エコライフ」と聞くと
どのような事を思い浮かべますか?

アンケートを見てみると、たくさんの人が、
「面倒」「続かない」「大変そう」と思っていて、
なかなか始められないでいるのも現実のようです。

それでは、どうする事が簡単で毎日継続出来る
エコライフなのでしょうか?

ルースにエコライフ

ルースとは、ゆるいという意味です。

ゆるゆるにエコ生活して良いんですよ。

まずみなさんがエコライフに躊躇する理由は、
「今やっている楽な生活を変えたくない」
というのが一番です。

そうですよね。

今持っているものから、高価なエコ商品や
エコカーなどに、買い換えるのは難しいですし、
「自分が生きていく上で、何の支障もないからやる意味がない」
という人も多いようです。

これもエコライフとは、地球のためにやる
と思われているからなんです。

もちろんエコライフは、地球環境の事を考えて
生活する事ですが、小さいスケールでは
自分のためにまずはスタートするのも良いでしょう。

たった一人の力でも家族で協力すれば、
家族みんなで健康な生活が出来るようになるものです。

そしてそうやって一人一人がエコライフを
やっていけば、地球に大きな影響を与える事も
出来るのです。

日常で何をすれば良いの?

ゴミを減らす努力

まず今日から出来るのは、ゴミを減らす努力をする事。

スーパーからお野菜を買う時も、量り売りを買って
パッケージはやめるとか、スーパーのビニール袋を
もらわずに、エコバッグにするとか、
ペットボトルや牛乳パックなどのリサイクルを心がける、
など考えてみたら、もうやっている事もあるのでは
ないでしょうか?

~っぱなしにしない!

電気のつけっ放しや、水の出しっぱなしはしない事。

部屋を出る時は、こまめに電気を消すとか、
食器を洗っている時に水を出しながら洗わない
など、これもすぐ出来ますね。

早寝早起きをする

どうしてこれがエコライフなの?と思われがちですが、
立派なエコなんです。

まず夜更かしをしないと、夜遅くまで電気や
テレビをつけておく時間が減りますね。

早起きして仕事まで車ではなく、自転車で
行くとか、ジョッギングしながら通うとかも
出来ます。

このようにエコライフは、ヘルシーライフとも
密接な関わりがあるのです。

節約を習慣にする

節約=エコライフだと思いましょう。

夏はエアコンの代わりに、扇風機を使ったり、
冬の寒い日はむやみにヒーターを使わず、
重ね着をするなどです。

それらの小さなエコを習慣化すると、
大きな効果が実感出来ますよ。

まとめ

他にもシャワーヘッドや、キッチンの蛇口を
節水のものに変えるなど、色々簡単に出来る事は
たくさんあるのです。

そしてそのあなたの小さなゆるゆるエコ行為が、
家族みんな、そして地球にも優しい行為なのです。