便秘にも効く?コーヒーを飲むと痩せたと言う人が続出なわけ!?

記事上

スポンサードリンク





コーヒーは長年たくさんの人に、

身体に良くないと思われていて、

「健康のためにコーヒーは飲まない」

と言う声もよく聞かれます。

ですが最近アメリカの調査では、

「コーヒーで痩せた」という結果も出ている

どころか、様々な健康効果も期待できると

分かっているのです。

その理由とは?ポイントとは?

調べてみました。

ブラックで飲む事

まず最初に言っておかなければいけないのは、

ブラックコーヒーを飲む事がキーなのです。

コーヒーにお砂糖やクリームを入れると、

カロリーが増えダイエットには効果が

ありません。

しかしどうしてもブラックコーヒーが飽きた、

と言う人には少量の豆乳を入ても構いません。

いつ飲んだら効果があるの?

エクササイズの前に飲む

エクササイズの前にブラックコーヒーを飲むと、

カフェインの効果で同じエクササイズをしても、

100キロカロリー〜300キロカロリーの消費量が

増す事がわかっています。

コーヒーを飲んでエクササイズをすると、

少し吐き気がするなどと言う人は、ほんの

2・3口飲むだけでも効果があります。

毎食前に飲む

毎食15分〜30分くらい前に、ブラックで

コーヒーを飲むとカフェインの働きで、

食欲を抑制し食べ過ぎを防ぐ事から、

ダイエット効果につながります。

むくみ解消でダイエット

コーヒーのカフェインには利尿作用がある

事から、むくみを解消します。

むくみは水分を体内にためてしまうので、

体重増加の原因になるのです。

基礎代謝が上がる

そしてこのカフェインにはリパーゼと言う

酵素の働きがあり、交感神経に作用し

基礎代謝が上がります。

基礎代謝が上がると食べても太らない、

常に脂肪を燃焼する身体になれるのです。

副作用もある

世の中にはコーヒーが身体に合わない人も

たくさんいます。

それだけでなくコーヒー好きの人でも

飲みすぎると、不眠や緊張感が続いたり、

胃腸を壊したりする副作用もあるので、

最大でも1日4杯ほどで止めておきましょう。

なるべくホットで

このブラックコーヒーのダイエット効果は、

冷たいコーヒーよりも、身体を温める

ホットの方が効果があります。

缶コーヒーは避ける

そして自販機で売ってある、砂糖がたくさん

入った缶コーヒーはオススメしません。

しかしどうしても手軽にコーヒーを飲みたい

という場合、缶コーヒーやインスタントでも

ブラックコーヒーにするようにしましょう。

なんと便秘にも効果が!

カフェインが腸の働きを活発化させる事から、

便秘解消に役立ち、結果として減量に期待が

出来るのです。

最後に

アメリカの調査で、

1日1杯コーヒーを飲む人は12%、

1日3杯コーヒーを飲む人は18%、

心臓病・腎臓病・糖尿病・パーキンソン病などに

かかる割合が低いという結果も出ています。

このようにブラックコーヒーは、単に

ダイエットに効果があるだけではなく、

健康にも良いと言われるように変化して

きたのです。

健康のために避けてきたという方は

一度コーヒーを試してみることをオススメします。