野菜にはどれだけのビタミンが入ってるの?美容や健康効果!

記事上

スポンサードリンク





薬品や化粧品を使わずに、身体の中から

健康と美容を手に入れられたら、

最高ですよね。

お野菜には、私達の美容と健康にはなくては

ならない栄養素がギッシリと詰まっています。

それでは、どんなお野菜にどれだけの

ビタミンが入っているのか、ビタミンから

どのような効果が期待できるのかを

みていきましょう。

トマト

トマトに豊富に含まれるリコピンには、

抗酸化作用があり、お肌の活性化を

促すだけではなく、生活習慣病やガン

などの病気からの予防にも、期待出来ます。

ビーツ

これは日本でも、最近注目を浴びている

赤いお野菜です。

このビーツにもたくさんの抗酸化物質が

含まれています。

この抗酸化作用により、お肌のシワや

シミを防ぎ、毎日食べているとお肌に

ツヤが戻ってくるのが、わかります。

人参

人参のカロテンは、活性酸素を除去し、

お肌の老化を防ぐので、アンチエイジングに

効果があります。

人参と油は相性が良いので、油炒めや

スープとして食べると効果が増すのです。

ほうれん草

ほうれん草に含まれる鉄分や葉酸などは、

お肌の皮膚自体の力を強くすると言われて

います。

なので、外部からの紫外線や細菌などと

戦ってくれて、お肌を丈夫に保ってくれ

るのです。

冬場のほうれん草は、夏場のほうれん草の

栄養の3倍も多く含んでいるので、冬は

ほうれん草料理を積極的に取り入れたい

ですね。

サツマイモ

サツマイモにはビタミンAが豊富に含まれています。

このビタミンAの作用でバクテリアを除去し、

肌荒れを防ぎ、ニキビ予防にも効果があります。

赤キャベツ

赤キャベツにはヨウ素と硫黄が含まれていて、

デトックス効果があります。

身体中の毒素が綺麗に洗い流されると、

身体の免疫力が増し、様々な病気からの

予防に役立つのです。

それだけではなく、皮膚の中から栄養が吸収

され、若々しくてピチピチしたお肌が蘇ります。

ケール

これも最近良く聞かれるお野菜ですね。

ケールにはビタミンKが含まれていて、

このビタミンKの作用で、心臓を強化

する事がわかっています。

そしてビタミンKと繊維質の相乗効果で、

コレステロールを下げ、血圧を調整する

という効果も現れるのです。

ピーマン

ピーマンに含まれるビタミンCとビタミンE

の作用で、コラーゲンに栄養が行き届き、

若々しいお肌を保ちます。

このピーマンも、アンチエイジングには

もってこいのお野菜なのです。

最後に

お野菜が嫌いな人も多く、最近は野菜離れが

進んでいますが、このようなお野菜を

ココナッツジュースやヨーグルトと一緒に

ミキサーで混ぜて、スムージーとして毎日

摂取する方法もあるので、自然からの恵みを

身体に摂りいれられるように、色々工夫して

みましょう。