今さら聞けないオーガニックの意味〜オーガニックって何?

記事上

スポンサードリンク





たくさんの商品に、オーガニックという

言葉が見られる現在。

何となく身体に良いんだろうな〜

だから高いんだろうな〜

くらいにしか理解していない私です(^^;

今回はオーガニックについて詳しく調べ、

実際に買う意味があるのか、

みていきたいと思います。

オーガニックとは?

オーガニックとは、化学肥料や農薬を

使用せずに育てられた作物や、畜産物を

使って作られた加工品のことを言います。

できるだけ化学薬品を使っていないので、

自然環境にも優しく、私たちの身体にも

安全な品物だと言えます。

日本では有機JASマーク

日本ではオーガニックの認定を、

農林水産省がしています。

そして認められたオーガニック商品には、

有機JASマークがつけられます。

そういえばこのマーク、スーパーで良く

見かけますね。

ですが日本では、コスメのオーガニック

認定機関は存在していないのだそうです。

環境のことも考えられたオーガニック

まず2〜3年以上化学肥料を使っていない

土壌で作られた作物でなければなりません。

そして種や苗までも、有機栽培で作られた

ものを使用しないと、オーガニックとは

言わないのです。

家畜では、餌でさえ化学飼料は与えては

いけないことになっています。

そしてもし家畜が病気をして、その

治療法に抗生物質を注射したりすると、

それまでオーガニックだった家畜が、

オーガニックではなくなるという、

厳しいものなのです。

ですのでオーガニック食品などを作るには、

自然の恵みを利用しながら育てることに

なります。

このことから、環境上の

ポジティブサイクルが生まれるのです。

オーガニックだと栄養価が高いの?

オーガニックは自然の状態で作物をつくります。

それぞれの地域の土壌の栄養差や、

その年の天候によっても変化があるでしょう。

ですので一概にオーガニックの方が

栄養価が高いとは言えないようです。

100%ではない

オーガニックだからといって、

100%農薬が使われていないかというと、

そうではありません。

JASが認めた安全な農薬であれば、

使っても良いとされています。

ですから完全に農薬フリーではないのです。

自分にとって何を重きにおくか

例えば野菜や果物で考えてみます。

普通の野菜と果物と、

オーガニックの野菜と果物とを比べても

栄養価は同じです。

ただオーガニックの方が、

農薬や化学薬品からの私達への影響が、

少なくなるのです。

そしてその代償に、

コストが高くなるというわけです。

オーガニックの食品に変えたから、

今からすぐに効果が出る!

というものではありません。

しかし毎日毎日口から摂取したり、

自分の身につけるものです。

長い目でみるとやはり、

オーガニックを選んだ方が良いのでは

ないでしょうか。