美味しくてきれいになれる!チョコレートの効果

記事上

スポンサードリンク





チョコレートを食べるときってなんだか

罪悪感がありませんか?

太りそうとか健康に悪そうなんて

思っていませんか?

実は、美容と健康に効果があるとしたら

嬉しいですよね!?

本当はどうなのか教えちゃいます!

チョコレートは美容に最適

カカオの種子を発酵・焙煎したカカオマスを

主原料として、砂糖、ココアバター、粉乳

などを混ぜて練り固めたのがチョコレートです。

乳製品が入ってなくてカカオマスが

40~60%なのがビターチョコレート、

乳製品が入っているのがミルクチョコレート

になります。

カカオには老化を予防する高い抗酸化作用が

あるポリフェノールが赤ワインの2倍も

含まれているんです。

また、カカオポリフェノールには脂肪蓄積を

抑える効果が報告されています。

チョコレートはアンチエイジング効果がある

のに、太りにくいんですね。

生活習慣病の改善などの効果を期待するなら、

1日に200~500mgぐらいの

カカオポリフェノールを毎日、何回かに

分けて摂取すると良いそうです。

カカオポリフェノールは吸収が早くて

抗酸化作用が早くあらわれますが、

長時間持続しないため一度にたくさん食べず、

少しずつ食べるのがコツです。

食べるタイミングは活動前、食前や

午後3時がおすすめです。

カカオポリフェノールは空腹感をやわらげる

効果があるので、食前にチョコレートを摂る

と食べ過ぎ防止になります。

さらに、午後3時という時間は体内の働きが

活発になって脂肪をため込みにくい時間帯

なんです。

3時のおやつって理にかなってるんですね!

ただ、食べるのであればカカオ分が

70%以上のものを選ぶようにしてください。

甘みのあるミルクチョコレートに比べると

少し苦みがあって食べにくいかもしれない

けど、余計な脂分と糖分が少なくて

カカオポリフェノールが多いのでおすすめです。

カカオ分72%のチョコレートを4週間、

毎日5gを5枚(約150 kcal)摂取して、

摂取前後の血圧測定や血液検査などで身体の

状態の変化の検証が行った結果…

血圧が低下したりHDL(善玉)コレステロール値が

上昇したりなどの効果があったそうです。

新たにBDNFという脳細胞を増やすために

必要とされている栄養分の上昇や、

炎症指標と酸化ストレス指標の低下という

ことも確認できたんだそうです。

ポリフェノールというチョコレートに

含まれるカカオの成分がBDNFを増やす

可能性があることも分かって、最終的には

認知症を予防できるかもって大きな期待が

持たれています。

だけど、65歳以上だと加齢とともに

減っちゃうんだそうです。

ただし食べ過ぎには気をつけて

こんなにも美容と健康に良いなら、

たくさん食べても良いような気がしますよね。

でも、チョコレートにはブドウ糖が多く

含まれているから、食べ過ぎるとエネルギーを

必要以上に摂ることになって生活習慣病を

招くことになるかもしません。

カカオ分が70%以上のチョコレートは

カカオ分が30〜40%の普通のチョコよりも

脂分が1.2〜1.5倍多く、エネルギーも高くて

100gに30代女性の1日分の脂質量が

含まれているので要注意です。

美容と健康のためには、1日に5~10g

程度のカカオ分が70%以上のチョコレート

(1~2かけら程度)、またはココア一杯に

してくださいね。

まとめ

手軽にカカオの栄養が摂れるチョコレート

だけど、高カロリーだから美と健康のために

食べ過ぎにはくれぐれも注意してください。