日焼け止めのPAとは?SPFとは?その意味知っている?

記事上

スポンサードリンク





年々、紫外線が強くなって一年中

日焼け止めが手放せなくなってきた

という方も多いのではないでしょうか?

日焼け止めに表記されているPAとSPFの

違いや効果を理解されないで、数値が

高いからと何気なく購入している方が

ほとんどだと思います。

今回は、そんな日焼け止めのPAやSPFの

違いや効果や選び方のポイントなどを

ご紹介していきたいと思います。

PAとSPF。その違いとそれぞれの効果

PAとは

Protection Grade Of UV-Aの略です。

紫外線A波から肌を守ることの出来る強さを

表しています。

UV-Aは肌の深くの真皮まで届き、

肌内部に活性酸素を作り出します。

するとコラーゲンやエラスチンも崩壊して、

肌を黒くしたり、シワやたるみの原因に

なります。

ですので、美白対策を徹底したい方は

PAの値が高い日焼け止めを選ぶと良いです。

また、曇りや窓ガラスを通り抜けやすい

性質を持っているので室内でもしっかり

UV-A対策が必要になってきます。

PAは[PA+] [PA++] [PA+++] [PA++++]の

4段階で表示されます。

+の数が多いほどUV-Aを防ぐ効果が

強くなります。

SPFとは

Sun Protection Factorの略です。

紫外線B波から肌を守ることの出来る強さを

表しています。

UV-Bは肌の表面が赤くなったりする

炎症を引き起こしたりします。

肌表面に発生した活性酸素はメラニン色素を

つくり、色素沈着してシミやソバカスの原因

になります。

SPFは「1~50」の数値で効果を

表しています。

この数値は紫外線を浴びてから肌が炎症を

起こして赤くなるのでの時間を何倍長く

することができるかという目安になります。

SPF1=約20分~25分

と言われています。

ですので、SPF20ですと

20分×20=400分=6時間40分

日焼け止めの効果があるという事になります。

数値が高ければいいわけではない?
生活場面によって使い分けを

PAとSPFについての効果を理解出来ると、

どちらの数値も高い日焼け止めを選んで

しまいがちです。

ですが、PAとSPFの数値が高いほど

実は、肌への負担も大きくなります。

ですので、生活場面によって使い分けるのが

オススメです。

大まかな目安

PA++/SPF20

室内での生活、少しの買い物、洗濯物を干す際など

PA++~PA+++/SPF20~30

屋外での1~2時間過ごす場合のスポーツや散歩や通勤

PA+++~PA++++/SPF50

晴天時に長時間屋外でのスポーツやレジャーやプールなど

どれを選べばいいかわからない場合は

PAとSPFの数値が低い日焼け止めを選び、

何度か塗り直すのが一番効果があります。

まとめ

日焼け止めのPAとSPFについて

ご紹介させていただきました。

いつも日焼け止めを使っていても意外に

知らない方も多かったのではないでしょうか。

生活の場面で使い分けることによって

肌の負担も減って美白&美肌への近道に

なりますのでぜひ試してみて下さい。