アメリカへの移住が夢なら知っておきたい!気をつけるべきポイント8つ

記事上

スポンサードリンク


いつもヨガやテレビで観ているアメリカへ、

移住したいと言う憧れをお持ちですか?

私も小さい頃からの夢はアメリカに住む事でした。

今回は実際に移住した私の経験から移住の際

気をつけるべきポイントをご紹介していきます。

アメリカ移住で気をつけるべきポイント

車は不可欠

とにかくアメリカは広い!

地下鉄やバスの便が整っているのは、

ニューヨークくらいではないでしょうか。

州によって違いますが場所によっては

お隣へ行くにも車が必要な所もあるくらいです。

自販機があると思うな

日本はとても便利で自販機がいたるところに

ありますよね。

ちょっとそこで止まってコーヒー買おう!

なんて事は夢だと思って下さい。

わざわざコンビニかカフェに入らないと、

コーヒーは買えません。

なので私は家で作って持っていきます。

あの冷たい飲み物と、熱い飲み物が1つになった自販機が懐かしい〜。

日本人はきれい好き

まずトイレに入って驚くのはドアの

下の部分が開いていて足が見える事。

それに日本はどこへ行っても清潔です。

アメリカではゴミがあちこちに落ちていたり、

落書きされた壁などは普通です。

チップはつきもの

レストランでのチップは当たり前ですが、

タクシーに乗った時や、ホテルや飛行場で

荷物を運んでくれた人、美容院などでも

チップが必要です。

人懐っこい

特に田舎に行くと歩いていてすれ違う人は

皆、ニコっとしたり「ハイ!」と声を

かけあったりします。

シャイにならず自信を持っていつも

スマイルでいましょうね。

そして慣れてきたお友達などとは、

ハグをします。

それも照れずに棒立ちにならず、

きちんとハグをしましょう。

挨拶の1つですから。

日本のように平和な国はない

今日はちょっと涼しいから夜の散歩へ

出かけましょう〜なんてバカな考えは、

起こさないように!

間違って他人の敷地内に入りでもしたら、

撃ち殺されますよ。

就労ビザか永住権(グリーンカード)が必要

移住するためにはビザか、

永住権(グリーンカード)が必要です。

グリーンカードなら私のようにアメリカ人と

結婚した場合。

アメリカに住んでいる親戚が保証人に

なってくれる場合などがあります。

就労ビザを得る為には色々なスキルや

知識が必要なので、良くリサーチましょう。

デキる人が好まれる

アメリカでは仕事がデキる人を重視します。

どんなに学歴があっても実績が

伴わなければすぐにでも首です。

最後に

憧れのアメリカに来ても必ず

ホームシックになります。

出来れば、同じような悩みを打ち明けられる

お友達を作って、いつでも相談出来るように

しましょうね。

記事下

スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする