田舎暮らしが恋しい?だったら知ろう!田舎移住を支援する制度

記事上

スポンサードリンク


田舎に移住したら、その町にある制度を

どんどん利用するのが大事で、地元の

人達と知り合うきっかけにもなります。

田舎の人達も、外部からの若い人の

助けが必要で、ウェルカムなんです。

なので色々な町や村で、田舎移住者を

支援する制度が整っているようです。

移住支援制度

北海道中富良野町

新築住宅を購入して5年以上住むことを

約束すると、100万円支給があります。

滋賀県彦根市

お試し移住サポートがあり、

1年目は1か月2万円、2年目は1万円の

家賃の補助があります。

兵庫県相生市

賃貸住宅を契約した新婚カップルには、

毎月1万円を3年ほど補助しています。

埼玉県横瀬町

お試し移住サポートがあり、西武秩父線を

利用して遠距離通勤する人の通勤費を、

年間6万円補助してくれます。

また、新婚カップルの場合家賃を、

年間12万円補助しています。

石川県七尾市

移住して家を新築、または購入した時は

最高370万円が支給され、賃貸の場合は

月額15,000円× 3年間の補助金が助成

されます。

子育て支援・出産支援制度

北海道芦別市

第1子出産で、10万円の地域限定商品券の

交付があります。

青森県西目屋村

第2子出産で15万円、第3子で20万円が

支給される他、入学祝金も払われ、

高校3年生までの医療費は無料となっています。

山形県遊佐町

お子さんが0歳〜義務教育の間で、

移住してから5年以上住む約束では、

お子さん1人に付き12万円が支給

されます。

そして18歳までの医療費は、無料となっています。

群馬県高山村

第1・2子出産で20万円、

第3子以上には30万円の祝い金が

支給されます。

そして小中学校への進学時は、

お子さん1人あたり2万円が支給されます。

兵庫県相生市

お子さん1子生まれるたびに、

5万円の祝い金が支給されます。

そして中学3年までは医療費が無料で、

給食費も無料などの支援があります。

宮崎県えびの市

定住促進住宅に入居の場合で、1

8歳未満のお子さんがいる世帯には、

家賃を安くする支援があり、

お子さんの医療費補助もあります。

鹿児島県いちき串木野市

第1子で2万円、2子で3万円、

3子で10万円の出産祝い金が支給されます。

その他、市内で購入したおむつの

購入費用を乳児1人2万円まで補助し、

中学卒業までのお子さんの医療費は

無料となっています。

最後に

ここまで挙げた他にも、北海道鶴居村で、

最大500万円の起業支援があったり、

岐阜県美濃市で、無利子・無担保で

300万円の起業支援などがあったりします。

また、農業を始めたい移住者への支援や、

漁師に弟子入りするとお給料を支給する

などの支援もあったり、その地域によって

様々なサポートがあるようです。

どこの地域も大いに、お子さんへの

サポートをしようという姿勢が見える

のが嬉しいですね。

移住する前にその町や村に、どのような

支援制度があるのか知っておかないと

損しますよ。