朝が来るのが待ち遠しくなる!トーストの美味しい焼き方

記事上

スポンサードリンク


皆さんの定番の朝ごはんは何ですか?

手軽に食べられるのでごはん派よりも

パン派の人が多いのではないでしょうか。

今回は朝が来るのが待ち遠しくなる

サクサク・ふわふわトーストの美味しい

焼き方をご紹介していきたいと思います。

ちょっとしたひと工夫で朝ごはんが

美味しく楽しくなりますよ。

食パンは保存方法が大事

食パンはどのように保存していますか?

私は、日が当たらない場所に常温で保存

していました。

特に梅雨の時期や夏場はカビが生えてきて

しまい捨てることもしばしば。

そこで簡単に出来る食パンを長持ちさせる

保存方法をご紹介します。

冷凍庫保存

食パンは購入後すぐに冷凍するのがオススメ

常温ではカビが生えやすく、冷蔵庫では

食パンの水分が減ってパサパサになって

しまいます。

やり方は簡単。

あらかじめ食パンは食べたい厚さに

カットしておきます。

1枚ずつラップに包んでジップロック、

もしくは密閉容器に入れてなるべく

空気を抜いて保存をします。

これだけで数日経っても美味しさが

変わりません。

冷凍保存で約2週間保存出来るそうです。

外はサクサク、中はふわふわと焼くには?

冷凍庫保存

冷凍庫保存をした食パンを冷凍状態そのまま

トーストすると外はサクサク、中はふわふわに

なります!

ポイントは、冷凍状態のまま焼くことと

焼き時間は常温のときに焼く時間と同じ

時間にすることです。

冷凍することでパンの水分が蒸発したり

乾燥したりせず、冷凍の状態で焼くことで

水分が逃げずにおいしく食べられます。

水又は麦茶をスプレー

食パンを焼く前に霧吹きに入れた水を

表と裏にスプレーすると食パンに

水分がプラスされてふっくらとした

食パンに焼きあがります。

また、水の代わりに麦茶をスプレーすると

とっても香ばしい高級食パンのように

焼きあがります。

ビールをスプレーするとより香ばしくなり

ホットサンドやサンドウィッチにとても

合います。

でも、スプレーし過ぎるとアルコール分が

残ってしまいますので注意が必要です。

魚用グリル

魚用グリルで食パンを焼くと

火力が強いため中の水分が逃げずに

おいしく焼くことが出来ます。

ポイントはグリルでも一番弱い火力で

両面裏返して同じ時間焼くことです。

喫茶店で出てくるような耳はカリカリで

真中はサクサクの食パンが簡単に出来ます。

まとめ

朝忙しい時間でも出来る簡単に美味しく

焼ける方法をご紹介させていただきました。

トーストはシンプルな料理だからこそ

焼き方一つで味が劇的に変わります。

皆さんも喫茶店のようなサクサク、

ふわふわな食パンを自宅で作ってみませんか?