スキーに必須のスキー板の失敗しない選び方!

記事上

スポンサードリンク


スキーを始めたい!始めたばかり!という方、

スキー板をどのように選ぶべきか知ってますか?

スキー板は種類も豊富で初心者には特に

分からず悩むと思います。

ということで今回は、初心者の方にオススメの

スキー板の選び方をご紹介します。

初心者にはこれがオススメ!!

スキー板といっても選び方が意外に複雑。

なので、詳しく紹介していきたいと思います。

スキーの種類

オールラウンドスキー

圧雪されたゲレンデで使用するスキー。

ターンからターンへの切り替えの操作性を

重視しており、一般的に多く使用されている

スキー板。

オールマウンテン

圧雪されていないゲレンデ外で使用するスキー。

深い雪でも板が沈まず浮いてくるスキー板。

フリーライドスキー

フリースタイルスキー用のスキー板。

トップ(スキー板の先端)とテール(後端)が

両方ともに反りあがっているスキー板。

レーシングスキー

競技用。

タイムを競うときに使うスキー板。

素早いターンの切り替えができるスキー板。

以上4種類ありますが、初心者は一般的に

よく使われているオールラウンドスキーで

いいと思います。

スキー板の反り方の形状

ロッカー

スキー板の中央部に浮きがないタイプ。

キャンバー

スキー板の中央部が上側に反っているタイプ。

キャンバーロッカー

キャンバーとロッカーのどちらともの

長所を取り入れているタイプ。

初心者の方はスキーの両端に圧をかけやすく、

雪面を抑えてくれる効果があるので

キャンバーでいいと思います。

スキー板のスリーサイズ

トップ

スキー板の先端の最大幅

センター

スキー板の一番狭いセンター幅

トップ

スキー板の後端の最大幅

一般に初心者向けのオールラウンドスキーは

センター幅が70mm~90mmとなっており、

センター幅が太くなると新雪や細かい雪の

パウダーなどに向きます。

ラディウスとは

スキー板の側面の円弧カーブ(サイドカーブ)

の回転半径になります。

一般的にオールラウンドスキーのラディウスの

目安はR:15m前後と言われていて

Rの数値が小さければ小回り向きで大きければ

大回り向きになっています。

スキー板の長さ

スキー板の長さは体重が重い方は長め(浮力大)

体重が軽い方は短め(浮力小)がいい

と言われています。

また、身長マイナス10~15センチで

長いスキー板は操作性が悪くなるのであまり

長くない方が扱いやすいです。

男性の方で160~170cm、

女性の方で145~160cmが

初心者向けの長さになっています。

購入前にレンタルを有効活用

スキー板を購入する前にぜひ何度か

ゲレンデなどで色々なタイプのスキー板を

レンタルして試してから購入することを

オススメします!

レンタルでいくつか試して自分の好みが

分かってきてから購入すると失敗する

ことなく自分に合ったスキーを買うことが

出来ると思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

スキー板を購入するのにもいくつも

選ぶ基準があります。

特に、これから始める方や初心者に

近い方などはショップに直接行って

店員さんに相談してから購入すると

より安心です。

今年は新しいスキー板でスキーを

楽しんでみてはいかがですか。

記事下

スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする