スキーが初めてでも安心!初心者必見!準備すべきもの・注意点

記事上

スポンサードリンク


今年こそスキーを始めたい!と思うけど

準備する物や注意点など分からない事が

多くて悩んでいるという方も多くいるの

ではないでしょうか?

今回は、そんなスキーを始めたい方、

始めてみようかと悩んでいる方に、

初めてのスキーで失敗しない為に

最低限必要な物や注意する事などを

まとめてみました。

まず、スキー場に行く前にこれは用意しておこう

スキーは意外に必要な物が多いですので

必ず必要な物から紹介していきます。

スキー道具

  1. スキー板
  2. スキーブーツ
  3. ストック

スキーをする際には必ず必要になってくる道具です。

スキーウエア類

  1. スキーウエア上下
  2. インナーウエア上下(トレーナーやセーター/長ズボンなど防寒で中に着る物)
  3. ソックス(短めのソックスではなく長めがオススメ)
  4. ネックウォーマー(なければマフラーでも大丈夫)
  5. グローブ(手袋/2つ重ねて使うと防寒になる)
  6. ゴーグル(曇りやすくなるのでなるべくフィットする物を選ぶ)
  7. 帽子(耳が痛くなる為スキー用のニット帽がオススメ)

日焼け止め類

  1. 日焼け止め(雪山は照り返しがすごい為日焼け止めは必須)
  2. リップクリーム/ハンドクリーム(雪山は乾燥がすごい為)

あったら便利な物

  1. リフト券入れ(最近は、ウエアの内側に付いていたりします)
  2. フェイスマスク(防寒と日焼け止めの為)
  3. 防水スプレー(ウエアにスプレーして雪や雨をはじく為)
  4. ワイヤーロック(休憩の時のスキー盗難防止の為)
  5. 方位磁石(最近は、携帯でも出来ますが電池が切れたりする場合があるので小さめを持って行くと安心)
  6. チョコレート(遭難時や休憩の時にオススメ)
  7. 健康保険証/常備薬(怪我などの可能性の為)

いざ、ゲレンデ!怪我をしないために

スキー初心者の方に怪我をしない為の

ポイントをまとめてみました。

準備体操は必ずする!

皆さん面倒くさいと思ってしないのが

準備体操。

ですが、ゲレンデはとても寒いので準備体操を

しないと筋肉が固まって肉離れや怪我の原因に

なってしまいますので、なるべく時間をかけて

ゆっくりストレッチをして体をほぐしましょう。

コースの途中に座らない!

初心者の方に多いのがコースやゲレンデの

真ん中で座り込むことです。

これは、とても危ないです。

特に見えにくいコーナーの先や死角の場所で

座り込むことはやめましょう。

避けきれずに衝突して大怪我に繋がってしまいます。

どうしても座りたくなったらコースの端に

よって邪魔にならないように休憩しましょう。

無理はしない!

運動神経がいい方など初めてなのに

中級者・上級者コースに挑戦してみようと

考えたことないですか?

これはとても危険な行為です。

中級者・上級者コースは高い傾斜などがあり

初心者の方には怪我の危険があります。

初めて最初のうちは無理せず初心者コースで

上達してから挑戦するようにしましょう。

まとめ

意外に用意する物が多く驚かれていませんか?

ですが、最近はほとんどの物がスキー場で

レンタルできますので、予めスキー場に

問い合わせをしてレンタル出来ない物を

確認して購入してから行くのが経済的に

始められます。

また、スキーは怪我の多いスポーツでも

ありますので、マナーは守って楽しい

思い出を作りましょう。