バターコーヒーダイエットが話題!普通のバターでもOKなの?

記事上

スポンサードリンク


このダイエットはアメリカのある有名な

パーソナルトレーナーの番組で紹介され、

アメリカのセレブの間でも効果があると、

大ヒットした大人気のダイエット法です。

朝のコーヒーにはバター小さじ1杯!

でも普通の日本のバターではダメ!

今日はそんなバターコーヒーダイエットを、

ご紹介していきたいと思います。

朝のコーヒーに、小さじ1杯のバター

朝いつものコーヒーに小さじ1杯の

バターを入れて、飲む!これだけです。

そして朝食を抜くので、バターコーヒーが

朝食代わりになるのです。

もしバターコーヒーを飲んだ後も少しお腹が

減ったと感じたら、グリークヨーグルトなど、

たんぱく質の高いものを、少し食べるように

します。

どうしてダイエット効果があるの?

このバターがキーなのです。

バターの良質の脂肪が食欲を抑制してくれ、

朝このバターコーヒーを飲むと、

ほとんどお昼までお腹が減りません。

そしてこの脂肪のお陰で身体にエネルギーが

行き届き、エクササイズや仕事にも集中

出来るようになり、アクティブな1日が過ごせ、

エネルギー燃焼に役立つのです。

普通のバターじゃダメ!

日本にある普通のバターには結構な塩分が

入っています。これではダメなのです。

ましてトランス脂肪で作られている

マーガリンを入れるなんてもってのほか。

出来れば、グラスフェッドバターを使って

欲しいのですが、手に入らなかったら、

最低でも無塩バターを使って下さい。

インターネット上なら購入可能かと思います。

グラスフェッドバターとは

グラスフェッドバターとは牧草だけを与えて

育てた牛からとれた牛乳で作ったバターの

ことを言い、アメリカでは簡単に手に入ります。

このバターには不飽和脂肪酸が含まれていて、

コレステロールや中性脂肪の値を下げる働き

があるのです。

ですが無塩バターでもある程度の効果は期待

出来るので、グラスフェッドバターが手に

入らなくても、そちらで試してみて良いと

思います。

このダイエット法に変えたセレブからは、

月に6kg以上体重が減ったという話しも、

どんどん聞かれます。

味が心配?

普通のバターやマーガリンが絶対ダメだ

という理由は、この味にもあります。

塩分が入ったものをコーヒーに入れると、

ものすごくまずい!ので続かないどころか、

まず飲めないと思います。

実は私もバターコーヒーと聞いて、

「う、まずそう」と思い、なかなか飲む

勇気が出ないでいました。

ですが思い切って飲んでみるとそんなに

気持ち悪いものではなく、何日か飲み

続けていると、バターのミルキーな後味が

たまらなく好きになってしまいました。

最後に

このようにバターに少しこだわって、

良質の脂肪を朝から摂り入れると、

大きなダイエット効果が期待できるのです。

バターとコーヒーって本当にあうの?

という疑問を持っている方もいらっしゃる

かと思いますが、ぜひ一度試してみて下さい。