落ち込んだ時は自然のパワー!自然の中に存在する癒しの風景

記事上

スポンサードリンク


ハイキングに行くだけではなく、

普通にウォーキングに出かけたり

川の流れを眺めるだけでも、

リラックスする事ありますよね。

これにはきちんとした科学的裏付けがあって、

あなたの思い過ごしではないのです。

ということで本日は、

自然から得られる癒しのパワーとは、

どのようなものなのかをまとめてみました。

風景が脳に与える良い影響など

太陽からの恵みビタミンD

ビタミンDはカルシウムを体内に

吸収する行為を促進してくれます。

そして血行が良くなるので、

血圧が下がり安定させてくれます。

ビタミンDの作用で骨や歯などを

強くしてくれるだけではなく、

血行促進の効果で免疫力が高まるので、

色々な病気にかかりにくくなるのです。

適度な太陽光線でメラトニン効果

毎日適度な太陽光戦を受ける事で、

メラトニンに作用します。

メラトニンとは体内時計を正確に働かせて

くれるホルモンの事で、このメラトニンが

きちんと働くと、夜良質の睡眠が得られ、

朝スッキリ起きられるようになるのです。

ストレス発散

外で自然を眺めたり、

フレッシュな空気を吸ったり、

流れる水に触れたりする事で、

ストレスホルモンであるコルチゾールを

減らす事もわかっています。

なので自然なストレス発散効果が、

期待出来るのです。

脈拍と血圧の安定

密閉された室内にずっといると、

酸素を体内に一生懸命取り入れようとする為、

脈拍と血圧が上がります。

なので外の自然な空気のお陰で、

脈拍や血圧が安定させられるのです。

深呼吸してセロトニンの安定を!

深呼吸して新鮮な空気を吸い込む事で、

脳神経に作用しセロトニンの値を、

適度な値で安定化させてくれます。

ある調査で、セロトニンの値が適度な

値で安定すると、記憶力が増したり、

前向きな気持ちになれる事から、

ナチュラルにハッピーになれる

という結果が出ています。

土にも効果あり

山の中にある、自然の土に生存する

無害のバクテリアは、何と人間の

脳細胞に好影響を与え、免疫力を

上げる働きをする事が分かっています。

だから、昔からの自然な土壌で食物を

育てるオーガニックが今、注目を浴びて

いるのかもしれませんね。

脳内麻薬の効果も!

外の空気を吸いながら、自転車をこいだり、

ハイキングすると自然のパワーで

エンドルフィンが分泌されます。

エンドルフィンとは、ランナーズハイの時に

分泌される脳内麻薬として有名で、気分が

高揚しとてもハッピーな気持ちになれるのです。

もちろん目から見える緑のパワーも!

人間の目で見える波長域の中で、

緑色は一番見やすく目に優しい色

だと言われています。

ですから普通にガーデニングをして

緑を見て触れるだけでも、とても

リラックスした気持ちになり

良い気分になれるのです。

最後に

癒しスポットはあなたの周りにたくさん存在します。

近くの公園やウォーキングコースでも良いし、

お気に入りのカフェの外のテーブルに座って、

コーヒーを飲むのも良いでしょう。

こんなにも自然の中にはたくさん

あなたにとって優しいパワーが存在して

いるのですから、お仕事中の休憩時間など、

積極的に外の新鮮な空気を使って

深呼吸する事をおすすめします。