ステンレスのエンボス加工、いったいどの様に掃除するの?

記事上

スポンサードリンク





ステンレスのシンクが、

なぜさび難いかをご存知ですか?

実は、ステンレスには酸化被膜を形成する

という力があります。

その酸化被膜が、さび難くしてくれるのです。

ところで、ステンレスにエンボス加工という

言葉をよく耳にしますが、いったいどのような

加工のことなのでしょうか。

また、どのような目的のためにエンボス加工を

ステンレスに施すのでしょうか。

実は、このエンボス加工は汚れが溜まって

しまうという問題点があるのです。

そこで、この汚れをエンボス加工を

維持したまま取り除くかが大きな課題

となります。

では、エンボス加工を施したステンレスの

掃除方法を紹介しましょう。

エンボス加工の問題点

スポンサードリンク

そもそも、ステンレスがさび難いのは、

酸化被膜が形成されていてステンレスに

傷がついてもその酸化被膜が傷の表面を

コーティングしてくれるという働きによります。

ステンレスの表面に凸凹を付けて

ツヤ消しと滑り止めの効果を付けたものを、

エンボス加工と言います。

このエンボス加工には、汚れが溜まり

落ち難くいという問題点があります。

この汚れが水垢であれば、

クエン酸や酢で落とすことができます。

また、100円均一ショップで販売されている

ダイヤモンドパフやステンレスたわしで

擦り落とすこともできます。

この掃除の仕方であれば、エンボス加工した

ステンレスでも傷がつきます。

ですが、心配する必要はありません。

時間が経てば、酸化被膜が傷をコーティング

してくれるので赤くサビることはないのです。

できれば、擦り落とさなければいけないほどの

汚れになるまで放置しないことが大切です。

掃除方法のポイント

まず、エンボス加工されたステンレスの

掃除にはクレンザーや重曹を使うと凸凹が

削れてしまうので使わないようにします。

エンボス加工されたステンレスの掃除の

ポイントは、凸凹のへこんでいる部分を

きっちりと掃除できるかどうかです。

軽い汚れの場合は、台所用洗剤を使って

スポンジやメラミンスポンジでへこみを

意識しながら擦りましょう。

このやり方で効果がない場合は、

マイクロ繊維が使われている

トレピカEXバスクロス

という浴槽専用のスポンジを使いましょう。

この「トレピカEXバスクロス」の

マイクロ繊維が、優しくへこみ部分まで

しっかりとカバーして掃除してくれます。

しかも、このクロスはステンレスに

傷をつけないのです。

お掃除のポイントは、細かくクロスを

動かしてへこみ部分までしっかりと

当たっているかを確かめながら

掃除することです。

洗剤も擦らずに落ちるものに変えましょう。

また、塩素系漂白剤はステンレスを腐らせる



スポンサードリンク


可能性もあるので使用には注意が必要です。

1番大切なのは、毎日こまめに掃除をすることです。

まとめ

ステンレスは、酸化被膜を作る働きがあり

その働きは傷にも及びます。

そのため、ステンレスはさび難いのです。

ステンレスのエンボス加工とは、

ステンレスの表面に凸凹を施したことを指します。

このエンボス加工を施すことで、

ツヤを消し滑り難くさせるのです。

その一方で、エンボス加工は汚れを

落とし難いという問題点があります。

そこで、ステンレスたわしなどで擦れば、

エンボス加工されたステンレスを傷つける

ことになります。

ですから、エンボス加工された

ステンレスの掃除には金属たわしや

クレンザーを使わないようにします。

エンボス加工のステンレスの掃除の

大きなポイントは、へこみ部分まで

しっかりと掃除ができているかです。

そこで、軽い汚れの場合は、

メラミンスポンジなどを使ってこすりましょう。

さらにしっかりと掃除したい場合は、

マイクロ繊維のクロスを使い洗剤を工夫する

必要があります。

また、マイクロ繊維をへこみ部分まで

当てるという意識を持って細かく

動かすようにします。

1番大切なのは、毎日掃除することを

習慣づけることです。

綺麗な台所で作ったお料理は、

きっと美味しいものになるはずです。