すっきりきれいに部屋を片付けたい!やり方・コツを教えます!

記事上

スポンサードリンク





「どうしてすぐ散らかるの」

「どこから片付けたらいいのか・・」

物が散らかって部屋が汚い、どうしても整理整頓ができない・・

そんな悩みを持つあなたに、

整理整頓のコツ、方法を紹介します。

整理整頓のメリットとは

いざ「部屋を片付けよう!」と思い立ったものの、

やっぱり面倒くさい・・・と結局やらずに終わって

しまう人も多いのではないでしょうか?

片付けのモチベーションを保つためにも、

片付けをするメリットを理解しておきましょう。

まず整理整頓をすることによって、

必要な物が必要な時にスムーズに取り出せます。

そうすると物を探すのに余計な時間や手間がかからなくなるので、

無駄なイライラが減ります。

家にある物が把握しやすくなるので、同じ物を重複して買ったり、

無駄にストックを増やしてしまったりすることがなくなります。

また部屋全体の見た目もすっきりするし、掃除がしやすくなります。

つまり整理整頓をすると、時間的にも、精神的にも、金銭的にも

メリットだらけというわけです。

どうですか?

少し片付けのモチベーションが上がったでしょうか?

部屋をうまく片付けるにはこのステップで!

スポンサードリンク

片付けのメリットがわかったところで早速

部屋の片付けをしていきましょう!

片付けの手順をまとめてみました。

①片付けの基本はいらない物を捨てる

まずいらない物は処分していきます。

迷う物は一旦保留ということで近くにまとめ、

最後に手をつけましょう。

収納スペースに入る分だけ取って置き、入りきらなかった物は

処分するなどマイルールを決めておくとやりやすいと思います。

②小さなスペースから始め、残す物はカテゴリー別にまとめる

トイレや玄関などの小さなスペースは、収納する物も

限定されるので取りかかりやすいです。

時間もあまりかからず達成感が得やすいので、

片付けが苦手な人にオススメです。

部屋の中だと、引き出しや戸棚など区切りのいいとこから

1つ1つ片付けていくようにするのがいいでしょう。

まずは「捨てる物」「残す物」に分け、

「残す物」は衣類、小物、本などカテゴリー別にまとめましょう。

③置き場所を決めて、定位置にしまう

物の収納場所を決めて、カテゴリーごとに

まとめたものをしまっていきます。

物の定位置が決まっていると、使ったらそこに戻せばいいので

部屋が散らかりません。

たとえば、テレビのリモコンはテレビボードの上に置くなど、

家族間で共有しておくようにしましょう。

リバウンドしないためにこれだけは守ろう

片付け やり方

①本当に必要な物だけを買う

物を手放しても、また家の中にどんどん物が入ってきては

意味がありません。

それを防ぐために、本当に欲しい物だけを買うようにしましょう。

気になった物があっても「とりあえずいいか」と

すぐに購入しないことです。



スポンサードリンク


妥協して買った物はすぐに使わなくなってしまう上、

「まだ使えるから」と捨てられずに部屋にたまって

しまう可能性大です。

数日間の保留期間を設け、検討してから買うようにすると

買い物の失敗がなくなると思いますよ。

また買った物はどんどん使うようにしましょう。

どんなに気に入っていた物でも何度も使ってクタクタになれば、

未練なく手放せると思います。

②ストックを持たない

収納で無駄にスペースを使わないためにも、

日常生活の消耗品でもあまりストックを

あまり持たないようにしましょう。

1ヶ月以上もつなら、ストックは買わない方が

空間とお金の節約になります。

③定期的にメンテナンスする

部屋を1度片付けてスッキリさせても、生活していると

どんどん物が増えてきてしまうので

定期的にメンテナンスするようにしましょう。

部屋が散らかってからだとどうしても億劫になってしまうので、

食事の準備の合間やお風呂を沸かす間など

すきま時間をうまく活用できるといいですね。

まとめ

片付け やり方 (2)

いかがでしたでしょうか?

自分でもできそうだと思えてきたでしょうか?

整理整頓が片付けの苦手な人は、

無理せず少しの習慣をつけることが大切です。

買い物のあと、レシートはためないようにする

そんな小さなことから始めてみるといいかもしれませんよ。