子育てしながらの親の共働き~親にも子供にもメリットがある理由!?

記事上

スポンサードリンク





今の世のなか共働きで

育児に頑張っているパパとママも、

少なくないでしょう。

私の両親も共働きで

私と弟を育ててくれましたし、

私も共働きで一人娘を育ててきました。

今では当然のようですが私の両親の時代は、

共働きの家庭が少なく、

ちょっとでも私や弟が学校で

問題を起こそうものなら、

ご近所や両親のお友達、親戚にまで

「共働きで、母親の愛情が得られないからだよ!」と

責められたそうです。

何とも悲しい時代でしたね。

でも実は今でもそのような間違った風習が、

残っているのも確か。

今回はそんな人々の考えを吹き飛ばすためにも、

共働き家庭のメリットをお話ししていきます。

親へのメリット

スポンサードリンク

ママのキャリアを守る事ができる

女性だって人生での夢があります。

ただ結婚して家庭に入って、

子供を持ち家族の世話を

一生していく事だけではありません。

子供の時から

「大人になったら何になりたい?」と

聞かれていませんでしたか?

自分の目指す大学に行ったり、

手に職をつけるために

専門学校に通ったりして、

将来は何かになりたいと

思っていたはずです。

でも結婚、そして出産のために

あきらめていたのなら、

またそれを目指して頑張れるんです。

もちろんご主人やご両親、保育園などの

色々な助けを借りながらですが、

自分の夢を達成するだけではなく、

もしご主人に何かあって働けなくなった時も、

あなたが働いていたら本当に助かる事でしょう。

親には大人の時間が必要

私が主婦として育児をしていた時よりも、

パートに出だして育児を始めた方が

ずっと精神的に、楽になりました。

毎日毎日子供と家に閉じこもって

育児をしていると、

世の中から取り残された感じがして

孤独感に突き落とされます。

イライラがつのり、

夫へも子供へもあたってしまう

毎日でした。

ですがパートに出だしてからは、

子供と離れて大人との時間が保てるために、

職場のお友達に相談できたり

愚痴をこぼしたりできて、

本当に気持ちが楽になりました。

そのおかげで夫へも子供へもあたる事なく、

イライラせずに育児ができるようになりましたし、

夫にしても私にしても精神的に助けられたと言えます。

ある程度生活に余裕が出る

やはり両方からの収入がありますので、

生活に少しは余裕が出るようになります。

そのおかげで子供の将来の教育費や、

自分たちの老後の貯蓄も貯めていけました。

子供にわざわざ贅沢をさせる

必要はありませんが、

時にはみんなで息抜きに旅行へ行けたり、

外食に行く回数も増えて随分楽になりました。

子供にとってのメリット

これらは2015年にアメリカのハーバード

ビジネススクールで研究され、

出された結果によるものです。

色々な事に対応できる子供になる

両親共に働いてるとしばしば、

子供も親の仕事のスケジュールで

同じ時間に夕飯を食べれなかったり、

予定していた事が出来なかったり、

出かける日にちを変更したりする事があります。

そのような事から子供が学ぶのは、

対応性が増すということです。

「大丈夫、今できなくても明日の午後にやれる。」

「今日行けなくても、来週またチャンスあるから。」

みたいに自分のしていた作業をうまく中断して、

違う事柄に移る事ができたり、

今考えていた事から、

全く違った事への

気持ちの切り替えも早い

言われています。

親子の時間を大切にする子供になる

共働きだとやはりどうしても、

親が子供と費やす時間が短くなります。

だからこそ週に一度の休みの日には、

一緒に思いっきり遊んだり、

どこかレジャーに出かけたりして

100%親子の時間を有意義に過ごし、

楽しめるようになるのです。

そしてもちろん共働きの親を持つ子供は、

この親と過ごせる時間を

とても感謝するようになります。

子供にとっては大好きな親との時間が、

一番大事な時間で思い出になると

理解できているからです。

計画性が上手な子供になる

両親が忙しく働いていると

子供も色々と忙しく、



スポンサードリンク


1日の時間があっという間に

すぎていきます。

パパやママがいなくて

家にベビーシッターさんといる時は、

これとこれをしないといけない。

パパがいる時はこれをパパにしてもらって、

ママに時間がある時はこれを教えてもらおうなどと、

自然に計画を立てるようになります。

自分に与えられた貴重な時間を無駄にせず

パパとママに合わせながら

勉強をはかどらせるようになっていくのです。

独立心がつく子供になる

これは私も弟もそうでしたし

私の娘もそうだったので、

全く同感できます。

子供が小さい頃から忙しく働く親の姿を見て育つと、

嫌でも自分で色々やらなくてはならなくなります。

私も小学生の時から忙しい母に代わって、

父のお弁当を作ってあげるようになっていましたし、

私の娘も早くから家事全般は、

1人でできるようになっていました。

これは親に遠慮しているのとは違って

親の働く姿を見ているので

何か手伝いたいと思ってくるのです。

いつまでも親離れができない子供ではなく、

独立心のある子供に育っていくのです。

まとめ

私が小さい時は毎週末、

両親が家事から息抜きができるように

必ず外食でした。

毎回、今回はパパが行きたいレストラン、

今度はママが食べたいとこ、

その次は子供が行きたいファミレスなどを決めて、

それはそれは楽しみでした。

そんな余裕があったのも、

両親が毎日一生懸命働いてくれていたからなのです。

もちろん私も弟も鍵っ子だからって、

いじめられたこともないですよ。

それどころか2人とも積極的で

明るい性格だったので、

たくさんお友達がいました。

アメリカでも現在は共働きの家庭が、

ほとんどになってきています。

どこの国でも必死で子供を育てているのですね。

今、共働きで頑張っているパパとママ!頑張ってください。

必ず今やっている事の甲斐があったなぁと

思える日がやってきますよ。