夏休み期間は忙しいけど、子どもを学童に預けるのはかわいそう?とお悩みのあなたへ

記事上

スポンサードリンク





お友達は自宅で遊んでいるのに、仕事を持つ

お母さんは子供を学童保育のために保育園へ

預けます。

その際に、どうしてもお母さんは子供を

かわいそうに思って罪悪感に押しつぶされ

そうになります。ですが、子供の方は意外と

強いものなのです。保育園で、友達たちと

楽しく過ごすことができるからです。

また、小学4年生位から夏休みの間にやって

あげると良いことがあります。それは、

将来の自分の方向性に考えをもたせるという

ことです。それには、子供の好奇心を刺激する

必要があります。そこで、どのように子供の

好奇心を掻き立てるかをお話ししておきます。

学童保育?夏休みなのにパートに出かける?

スポンサードリンク

子供たちが待ちに待った夏休みですが、共働きの

家庭の子供にとっても親にとっても辛い時期

なのです。というのは、本来ならばお休みなのに

保育園に預けられる子供にとっては嫌な時期になる

に違いありません。

ですが、子供は保育園に行けば友達と一緒に一日を

楽しく過ごします。ですが、お母さんの気持ち

としては夏休みに我が子と一緒に居てやれない

ことに罪悪感を持ちますね。

そして、仕事中でも普段よりも子供の様子が

気になります。

でも、家に居てダラダラと過ごさせるよりも

保育園でスケジュールに沿った規則正しい1日を

過ごさせる方が子供にとっては良いことです。

何よりも、暑い自宅にいるよりも保育園で

楽しく過ごす方が良いに違いありません。

ですから、学童保育をお願いしてしっかりと

仕事に集中するようにしましょう。

そして、学童保育のお休みの時には思いきり親子で

楽しむように工夫すると良いです。例えば、

海水浴とかキャンプに行って家族で楽しむことは

子供にとって素敵な思い出になるに違いありませんよ。

大切なのは、家族で一緒に過ごせる時は家族全員で

楽しむという姿勢です。

小学生の夏休みの過ごし方。学童以外の場合は?

小学校時代の夏休みは、楽しみが盛り沢山で

終業式を待ちわびたていた記憶があります。

田舎に行くのが楽しみでした。田舎には川と

水車小屋があり、水遊びの絶好のポイントで

今でも楽しい記憶として残っています。

できるだけ、子供に夏休みの楽しい思い出を

作るようにしてあげると良いですね。

そこで、学童以外の小学生の夏休みの過ごし方の

ポイントとしては、夏休みの間に将来のやりたい

仕事を見つけることを課題にするのも良いです。

それには、夏休み前から親子でしっかりとした

計画をたてます。

心がけたいのは、子供の好奇心をかきたてる

ことです。そうすれば、1つの世界が大きく

広がっていきます。



スポンサードリンク


図書館に行き、親子で読みたい本を探しましょう。

1冊でも良いので、子供が読みたいと思う本を

借りて読み上げるようにさせます。そうすれば、

子供に読書の楽しさ味わわせ読書を習慣づける

ことができます。

また、混雑が予想されますが「キッザニア」などの

体験型学習センターなどに親子で行き、子供に

色々な事を体験させることで子供に将来の目標を

持たせることができます。

まとめ

お勤めのある場合、夏休みなのに学童保育に

保育園に行かせることに罪悪感をもたなくて

良いのです。

子供は、保育園で楽しく過ごしているに

違いないので安心して仕事に集中しましょう。

学童保育で頑張る我が子のために、保育園が

休みの日には親子で思いっきり海水浴などを

一緒に楽しむようにします。

できるだけ楽しい夏休みの思い出を作って

あげるようにすると良いのです。

また、学童以外の小学生の夏休みの過ごし方は

楽しいだけではなく、知的好奇心を刺激するように

心がけるようにします。

そして、夏休みの間に将来どのような職業に

就きたいかを考えるような機会が持てるように

してあげると良いです。