転校手続きのタイミング

記事上

スポンサードリンク





転居が決まれば、気になるのが子供の転校手続きの

タイミングですね。

転校手続きは、必要な書類を集めるのに時間がかかる

ので、なるべく時間的に余裕を持たせて行いたいもの

です。

そこで、基本的なタイミングは少なくとも転校の

1ヶ月前には転校先の学校と連絡が取れるというのが

理想です。

さらに、転校手続きは公立と私立では違いが

あります。

私立へ転校を希望する場合は、学校に詳細を

尋ねるようにします。

転校に関しては、子供の精神的な負担を軽くする

ことを決して忘れないようにしましょう。

転校後も、担任の先生と共に子供をしっかりと見守り、

サポートするようにします。

転校手続きはいつから

スポンサードリンク

転校先が公立か私立、さらに高校か中学によって、

必要な手続きは変わってきます。

ここでは、公立の小中学校への転校する場合

手続きを紹介します。

基本は転校が決まれば、真っ先に転校手続き

取り掛かるようにします。

転校手続きに関しては、色々そろえる書類が

あるので時間がかかることを念頭に置いて

おきましょう。

そして、転校には、同一市区町村内への転校と

他市区町村への転校の2つのパターンがあります。

まず、通学している学校の担任に転校の旨を

伝えた上で在学証明書教科書給与証明書

発行してもらいます。

そして、現在住んでいる場所の役場で転居届を

提出すると入学通知書を発行してもらうと

転校先が指定されます。

その後、在学証明書、教科書給与証明書、

入学通知書を転校先に提出します。

他の市区町村への転校の場合は、通学している学校で

在学証明書、教科書給与証明書を発行してもらいます。

その後、現住所の役所で転出届をだして転出証明書を

発行してくれて後に転校先が指定されます。

転居先の役所で、転入届と転出証明書を提出して

入学通知書を発行してもらいます。

そして、在学証明書、教科書給与証明書、

入学通知書を転校先に提出します。

転校手続きはいつまでに

転校手続きは公立と私立によって違うので、

私立の場合は詳しい手続き内容について

学校に問い合わせると良いです。

公立の場合は、旧住所の教育委員会あるいは

転居先の教育委員会が窓口になります。

さらに、在学中の学校と転校先の学校が

対応してくれるので、分からないことがあれば

問い合わせると良いです。

転校手続きは、必要な書類を全て揃えて可能な

限り早い段階で手続きを終えるのが良いです。

遅くとも転校先に1ヶ月前には連絡を取れる

状態にしておくように、手続きを進めましょう。



スポンサードリンク


ですから、転居が決まり次第転校の手続きに

取り掛かると良いです。

そして、転校先を訪問する際には事前に連絡を

入れておき子供と一緒に行くようにします。

その方が、子供が転校先に馴染み易くなります。

転校先での新しい学校生活に不安を感じている

子供の気持ちを理解して、なるべく緊張感を

和らげてあげるようにしてあがることが大切です。

転校後も、子供の担任の先生と連絡を取って

子供が新しい学校のクラスに溶け込んでいるかを

確認するようにして転校後しばらくは目を

離さないようにするようした方が良いです。

まとめ

転校の手続きは、公立か私立によって異なります。

まず、転校が決まればすぐに手続きにかかります。

また、同一市区町村と他の市区町村への転校では

提出書類が異なるので注意してください。

転校手続きは、早目に終えることを目標に行い

ましょう。

最低でも、転校先に1ヶ月前には連絡を取れる状況に

しておきます。

そして、転校手続きに転校先の学校を訪れる際には

子供と一緒に行くようにします。

その方が、子供が転校先に早くなじめるようになります。

その後は、学校の担任の先生と共に子供が転校先の学校に

なじめるかをしっかりとサポートすることを忘れないように

します。