小学校でママ友ができないとお悩みの方は、これで解決!

記事上

スポンサードリンク





行事が多くて親が学校に行く機会の多い小学校では、

ママ友が心強い存在になります。

悩めば、ママ友に相談することで問題は解決します。

ですが、ママ友がいなくて悩んでいる人もいるのでは

ないでしょうか。

そこで、頼りになるママ友の作り方を紹介します。

一番簡単な方法は、同じ幼稚園に通っていた生徒の

お母さんと仲良くすることです。

そんなお母さんがいない場合は、小学校の行事に

参加することで顔見知りになり気の合うお母さんと

友達になることができるはずです。

気をつけたいのが、ママ友との付き合い方です。

親しくなっても、ある程度の距離を保つことは

付き合いの大切なポイントです。

小学校でのママ友の作り方

スポンサードリンク

子供が小学校に通うようになると、初めての行事が

多くて母親の方はその準備で悩むことが多くなります。

身近に相談できる人が居れば心強いのですが、居ない

時は困りますね。

そこで、心強い相談相手としてママ友を作ることを

おすすめします。

きっと同じ幼稚園に通っていた人もいると思うので、

そのお付き合いを大切にしていると新しくママ友を

作る必要がないので良いですね。

もし、周りにそのような人がいない場合は、

ママ友を作らないといけません。

きっと子供がクラスの中で友達を作るので

そのお母さんと親しくなるにちがいありません。

そのためには、できるだけ学校の行事に参加して

他のお母さんたちと接するように心がけましょう。

そして、相手の人柄を見極めてお付き合いしたい

人であるかを判断するようにしましょう。

誰でもかれでもママ友にするのではなく、

自分と同じような価値観を持ち物事を

判断できる人を選ぶようにすると良いです。

意識してママ友を作る場合でも、けっして相手の

価値判断に引きずられることがないようにする方が

良いです。

小学校のママ友との付き合い方

小学校では、親が学校に行く必要のある行事が

多いです。

その中で、ママ友とも接する機会が多くなり

お互いの家に行き来するほど親しくなります。

親しくなるのは良いことなのですが、

その付き合い方で悩む人も多いのでそのポイントを

お話ししておきます。

まず、一番大切なことは相手の個人的な事には

絶対に立ち入らないようにすることです。

そこで、自分が相手にされたり言われたり

したくないことは、相手にもしないようにする

というルールを守るようにすれば良いです。

そのためには、親しくなってもある程度の距離を

保つようにしましょう。

その方が、疲れませんし長くお付き合いができます。

また、子供の成績や学校行事の際の服装など

相手と競うことはしない、ということを心しま

しょう。



スポンサードリンク


さらに、第三者とはママ友の事を話題にしない

ようにします。

つい口が滑って話したことが、人伝いに

歪曲された形で伝わりトラブルになる

可能性があるので注意しましょう。

ママ友たちと排他的なグループを形成して、

他ママを排除しないようにしましょう。

学校は、教育の場で社交の場ではないことを

心してママ友たちと付き合うようにしたいですね。

まとめ

小学校のママ友は心強い存在ですね。

何かと頼りになるママ友を作る方法をお話しします。

まず、小学校には同じ幼稚園に通って生徒がいるに

ちがいありません。

そこで、その生徒のママと友達になるようにしま

しょう。

もし、そのような人がいない場合はできるだけ

学校行事に参加します。

そうすると、気の合う人と出会えます。

気をつけたいのが、ママ友との付き合い方です。

親しくなるとお互いの個人的なことまで知るように

なりますが、できるだけ個人的な事には踏み込まない

ようにして距離を保ちましょう。

また、知った個人的な事は第三者に絶対に話さない

ことにします。

そうすれば、長くお付き合いができますし

トラブルになりませんよ。