共働きで、大変なあなたへ!気になる家事は分担表で解決!

記事上

スポンサードリンク





最近は、共働きの家庭が多くなりました。

社会は変わりつつありますが、以前として

家事、育児は女性に大きな負担となっています。

そこで、どうしても必要なのがパートナーとの

家事、育児の分担です。

どのようにすれば、しっかりとした家事、

育児の分担ができるでしょうか。

そこで、おすすめなのが分担表の作成です。

分担表の作成に関してのポイントを紹介するので、

できるだけ細分化された分担表を作成するように

心がけてください。

この作成段階でも、家事、育児に関しての

お互いの役割について考え直す良い機会と

なるでしょう。

また、家事、育児で負担を軽くできるものが

あれば軽くするように工夫しましょう。

出来上がった分担表は見やすいところに

貼るようにしますが、修正が必要と思えば

臨機応変に変更を加えるようにしていきましょう。

こうして作成した分担表ですが、一番大切な

お互いへの思いやりというポイントがあるので

忘れないようにしましょう。

分担表の書き方とは?

スポンサードリンク

共働きは、家事、育児とパートナーとの

協力と分担が絶対に必要です。

そこで、パートナーにしっかりと分担をして

もらえるようにするには分担表の書き方を

工夫することです。

できるだけ分担表に、分担された家事が

どのようなものか具体的に記すように

しましょう。

作成段階で、現在その家事を誰が

おこなっているかを確認しつつ家事を

より細分化させます。

例えば、朝の時間帯には朝食を誰が作り、

お皿を流しに置く人から洗う人、

洗濯機に洗濯物を入れる人とか細かく表に

区分して記入します。

細分化する目的は、「朝食」だとすれば

朝食の支度から後片付けまでと考える

人もいるので家事の分担を明確化させます。

また大切なポイントは、お掃除や皿洗いなどは

掃除ロボットを積極的に使うことでお互いの

分担が楽になります。

このように楽にできる部分は極力

楽にするようにしましょう。

もし、パートナーに分担してもらいたい家事が

あれば、しっかりと相手に分かるように言う

ことも大切です。

大切なポイントとは?

家事分担表ができあがれば、その分担を実際に

実行、継続させなればなりません。

そこで、具体的な対策として家事分担表を見やすい

ところに置くようにし、お互いのになった家事は

褒めるようにします。

ある一定期間は、作成した分担表で実行状況の

様子を見てみましょう。

その期間が過ぎて、

家事分担が上手く行っていなと判断した場合は

見直しをするようにしましょう。

また、分担表はホワイトボードに貼ったり、

冷蔵庫にマグネットでつけたりして

絶えず目に入るようにしましょう。

家事分担の基本は、お互いへの思いやりと



スポンサードリンク


感謝の気持ちです。

その気持ちを忘れないようにして、

お互いに協力し合うことが大切です。

また、お互いに分担した家事への口出しや

批判は控えるようにすることが大切です。

任せた家事は、お互いにお互いの責任で

おこなうようにしまます。

さらに、

お互いの得意分野を受け持つのも良い方法です。

例えば、お料理が好きな男性もいれば洗濯物の

取り入れと後片付けが嫌という男性もいるので

得意な分野で家事を担ってもらうのも良いですね。

まとめ

分担表は必要ですが、それが全てでは

ないことを心にとどめる必要があります。

基本は分担表で、仕事をしていれば

予定外のことも起こるものです。

ですから、

お互いへの思いやりと理解で予定外のことも

協力して対処していくようにしましょう。

また、分担表にはできるだけ分担する家事を

細かく、明確に記入して分かりやすいように

しましょう。

さらに、作成段階で、食洗器などで家事を

減らすことができるならば家事負担が

軽くなるように工夫するようにします。

できあがった分担表は、目に入るところに

貼るようにします。

そして、パートナーが分担してくれた

家事については批判を絶対にしないようにして

常に感謝するようにします。

これは、大切なポイントなので守りましょう。