義理の両親との同居、家事分担はどのようにすれば良いの?答えは、これ!

記事上

スポンサードリンク





結婚し、同居するとなればお互いのルールを

しっかりと事前に決めておくべきです。

そして、そのルールを守ることで良い関係を

築くことができます。

一番大きな問題は経済的なことです。

経済的な問題こそが、

上手く同居できるかできないかを

決める大きなポイントなのです。

そこで、早い段階で経済的な分担を決めて

おくべです。

さらに、共働きの場合は、義母が全面的に

家事を担ってくれる場合がありますが

その際にあなたが絶対に忘れてはいけない

のが「感謝の気持ち」です。

いくら、お礼として義母にお金を渡していたとしても

この感謝の気持ちを忘れてはいけません。

家事の分担に関しても、義理の両親を交えて

じっくりと話し合って決めることが大切です。

経済的な分担と家事分担をしっかりと決めて

いれば、良い関係を維持できます。

同居の問題点

スポンサードリンク

義理の父母との同居は、とても精神的に辛い

ものがあります。

まず、その問題点を挙げてみます。

一番問題になるのが、経済的な分担です。

全ての不平、不満は、経済的な問題から

生じると言っても過言ではありません。

毎月の光熱費から日々の出費まで、

どのように分担するか大きな問題です。

また、義理の父母の持ち家に同居するとなれば

ローンがある場合はどのような支払いを

するかも考える必要があります。

外出にすら、義理の父母に気を遣って

しまいます。

新居に、友人を招きたくても

父母に気を遣ってしまいますね。

気軽に暮らせるようにと二世帯住宅を

希望する人もいますが、経済的に

余裕がない場合はそのようなことは

望めませんし、嫁ぐ際にそのような希望を

口にすることはできません。

さらに、子供ができればついつい義理の父母は

口出しをしてくるものです。

そこで、仕事を持って家に居る時間を短くする

という方法もあります。

どのようにすれば、

気持ち良く同居ができるのかと悩みますね。

解決策とは?

まず、しっかりと経済的な分担は決めておくべきです。

家のローンから水道光熱費、食費まで

細かく決めておきましょう。

さらに、共働きの場合は、家事を義母が

分担してくれるのであれば甘えて全面的に

任せてしまいましょう。

但し、してもらった家事に対しては

批判することなく常に感謝の気持ちで接する

ようにします。

また、休日にはできるだけあなたが家事を

全面的にするというような気遣いが必要です。

あるいは、家事分担を明確にしておくことも

お互いへのルールを明らかにしていることで



スポンサードリンク


守り易いですね。

どうしても、あなたが仕事を続けたいという

希望があれば義母に手助けをお願いしましょう。

その時には、やはり義母には月々決まった金額を

手渡すということを決めるのも良い関係を維持する

上では有効的な方法でもあります。

そこは、義母とよく話し合った上で決めるようにしましょう。

ですが、お金を払っているからという態度は禁物で、

常に感謝の姿勢でいることが気持ちの良い同居の鉄則です。

まとめ

結婚し、義理の父母と同居するとなれば

とても精神的に疲れます。

特に、同居で問題になるのは経済的な問題です。

家のローンや水道光熱費などの分担などが、

不満の大きな原因になります。

さらに、外出するにも、義理の両親に

気を遣わなければなりません。

そうなるとお互いに息苦しくなって

同居が苦痛になってきます。

そこで、仕事を持って家に居る時間を短く

したりします。

ですが、根本的な解決方法は、

経済的な分担と家事の分担を明確にすることです。

義理の両親を交えて、経済的分担と家事の役割分担を

しっかりと話し合い決めましょう。

仕事を持つあなたの代わりに、義母が家事を全面的に

してくれるのであれば休日にはあなたが家事を

積極的にするようにしましょう。

そして、

代わりに家事を行ってくれる義母に感謝の気持ちを

忘れないようにすることが大切です。