子供って花火大会にいつから連れていけるの?答えはこれ!

記事上

スポンサードリンク





デートの思い出がある花火大会に、

新しい家族のメンバーとなった赤ちゃんを

連れて行きたいですね。

ですが、花火大会は赤ちゃんにとっては

多くのリスクが伴う場所でもあります。

そこで、花火の打ち上げ音や煙などに

ついてお話しします。

さらに、花火大会の会場は混雑する上に、

オムツ交換の場所など赤ちゃん用の場所が

確保されてはいません。

その上、花火の煙はあまり良い影響がないので

赤ちゃんを花火大会に連れて行くのは

よく考えた方が良いです。

そこで、そのリスクについて詳しくお話し

しておきます。

子供が花火を怖がる!

スポンサードリンク

子供が花火を怖がるのは、大人でも怖がる

花火の大きな音です。

打ち上げ花火の音は、

体にも伝わる迫力があるので子供が

怖がるのも納得できますね。

ですが、打ち上げ花火の音への恐怖心は、

子供が大きくなるごとになくなっていくので

心配する必要はありませんよ。

きっと、大音量の後で夜空を背景とした

美しい花火の世界に魅了されるようになって

恐怖心を忘れるようになります。

また、花火の音で子供の鼓膜が破れるのでは

ないかと心配になりますが、破れるような

ことはないので安心してください。

そこで、花火大会を楽しむために大人が

子供の恐怖心を軽くしてあげる方法を

紹介しておきますね。

まず、打ち上げの際に子供の耳を塞いであげる

ようにすると良いです。

そして、子供の注意を打ち上げられた花火に

向けるようにします。

そうすることで、子供は

夜空を背景に花火が多様な美しい色を見せながら

姿を変えていく様子に驚嘆するにちがいないです。

そして、怖がっていた打ち上げの地響きを

ともなった音が、美しい世界を見るためのもので

あったことを理解するのです。

赤ちゃんへの花火の煙の影響は?

花火大会に、赤ちゃんを連れて行くには

花火煙以外にも大きな影響があることを

知っておくと良いです。

まず、花火大会は大混雑が予想される場所なので

ベビーカーは使えません

さらに、花火大会の会場には

赤ちゃんのためのオムツ換えや授乳の

場所は準備されていません

そして、打ち上げ花火の大音量に対して

赤ちゃんが抱く恐怖心を充分に考えておく必要が

あります。

赤ちゃんによっては、打ち上げ花火の音に

怖がらない場合もありますが、その反応は連れて



スポンサードリンク


行ってみないと分からないというのが実状ですね。

そこで、赤ちゃんを花火大会に連れて行く場合の

影響についてお話ししますね。

影響が気になるのが、花火の煙です。

赤ちゃんはまだ気管支が発達していないので、煙を咳込んだり

すると気管支炎になる可能性があるのです。

ですが、多量の煙の場合なのでそれほど神経質に

なる必要はありませんが、できるだけ風上で花火を

見るようにすると良いです。

まとめ

大体、4歳か5歳位から花火を楽しめるように

なるので、あえて混雑する人込みの中に

赤ちゃんを連れて行く必要はないのかも

しれませんね。

どうしても花火を赤ちゃんと楽しみたいのであれば、

離れた場所から見るようにすると良いです。

子供によっては、花火の打ち上げ音に驚き

泣き叫ぶ場合があります。子供が花火を

楽しむためには、大人が花火の打ち上げの

際に耳を塞いであげるようにすると良いです。

また、花火の打ち上げ音で子供の耳の鼓膜が

破れるのではないかと心配になりますが、

子供の鼓膜は打ち上げ音で破れるような

ことはありません

ですが、花火の煙は気管支が未発達の

赤ちゃんにとっては咳や気管支炎の元に

なるので花火観覧の場所に気をつけるように

すると良いです。

人混みなどを考えて、赤ちゃんを花火大会などに

連れていくには多くのリスクがあるので5歳位に

なるまで待っても良いですね。