コーヒーを飲んだら眠れない!?効果は何時間??

記事上

スポンサードリンク





眠気覚ましにコーヒーを飲むという人は多いと思います。

筆者も1日1杯はコーヒーを飲みます。

「コーヒー=目が覚める」というイメージが根強いですがコーヒー

を飲むとかえって眠くなるなんて話も聞いたりします。

実際のところどうなのでしょうか?

今回はコーヒーで本当に眠気が覚めるのか

調べてみたいと思います。

衝撃!?コーヒーを飲んだら眠れないは嘘だった!?

スポンサードリンク

調べてみた結果衝撃の事実が発覚しました。

眠気覚ましにコーヒーを飲むと、一時的に眠気は覚めるものの、

しばらく経つとまた眠気に襲われるそうです。

どういうことかというと、人は日中活動をしていると、

眠くなる物質「アデノシン」が増えていきます。

この「アデノシン」が一定の量になると、

人は眠気を感じるわけです。

カフェインは「アデノシン」を感知する部分をブロックするので

一時的に眠気がとれたように感じます。

しかし、眠気は先送りになるだけで、なくなるわけではないため

結局しばらくするとまた眠くなるというわけです。

一時的に眠気を感じさせなくする効果があるので、

寝る直前に飲んだ場合はコーヒーが原因で眠れなくなっている

可能性がありますが、寝る3時間前までに飲んだ場合は

ほとんど影響がないそうです。

つまり夕食後7時くらいにコーヒーを飲み、11時の就寝時に

寝付けないというのはコーヒーが原因ではない可能性が

高いということです。

またカフェインやコーヒーの香りには

リラックス効果があるので寝る前であっても

少量ならかえって眠くなってしまう場合もあります。

もちろん普段からのカフェインの摂取量や体質にもよるので

コーヒーを飲んでも効果は人それぞれです。

「コーヒーを飲むと眠れない」というのは

飲む時間帯や体質、飲み方によるようです。

まさか!?衝撃の事実!!コーヒーを飲んだら眠くなる!?

コーヒー 眠れない 何時間①

コーヒーは一時的に疲れや眠気を感じる部分を麻痺させるだけで、

疲れや眠気が取れるわけではないと前章でお伝えしました。



スポンサードリンク


一時的であっても今眠気が取れるなら構わない!

とコーヒーをがぶ飲みしてしまうとかえって

眠気が増してしまうって知っていましたか?

なぜならコーヒーには「利尿作用」があるからです。

大量にコーヒーを飲むとトイレの回数が増え、

作業が中断されるだけでなく、水分不足になります

水分不足になると、血流が滞り身体のだるさや

眠気を引き起こしてしまいます。

また、職場や出先でコーヒーを飲む場合は缶コーヒーが

多いかと思いますが、ブラックや無糖を除く

ほとんどの缶コーヒーには、多くの砂糖が入っています。

砂糖は血糖値を急上昇させますが、血糖値が急に上昇すると、

それを抑えようとインスリンが分泌され、血糖値を下げようします。

しかし、この働きのせいで今度は血糖値が下がりすぎてしまいます。

砂糖の入った缶コーヒーを飲むと急激な血糖の低下を起こし、

かえって眠気に襲われてしまうのでコーヒーを飲むときは

ブラックがいいですね。

まとめ

コーヒー 眠れない 何時間②

眠気覚ましのつもりで飲んでいたコーヒーがかえって

眠気を引き起こしていたなんてびっくりですよね。

しかしコーヒーに覚醒効果があるのは事実です。



スポンサードリンク


コーヒーを効果的に飲むには

・1日1~2杯にとどめる

・砂糖を使わない

・夜飲むときは寝る3時間以上前にする

の3つの点に気をつけてください。

また、コーヒーは眠気そのものを取り除くわけではないので

眠気を解消したいなら普段からしっかり睡眠を

とるようにしましょう。

ちなみにコーヒーの覚醒効果は飲んで30分ほどで現れ、

ピークは40分~50分後くらいになります。

覚醒効果を利用したい時は、この時間を参考にしてみてください。

コーヒーは覚醒効果だけでなく、リラックス効果や

ダイエット効果もあります。

適量を守ってうまく活用できるといいですね。