離島旅行に行く人へ!那覇乗り継ぎ中にできる楽しい暇つぶしはコレ

記事上

スポンサードリンク





沖縄はリゾート地なので、優雅に豪華に旅行することも

できますし、LCCを利用して格安旅行をすることも出来ます。

沖縄旅行の玄関口、那覇空港を快適に過ごす方法をご紹介しましょう。

LCCを利用して沖縄旅行する時の注意

スポンサードリンク

那覇に就航しているLCCのバニラエアとピーチは

ターミナルが異なります。

LCC用のターミナルは制限区域内にあるので、

国内線ターミナルとの間を走っているシャトルバスを

利用する必要があります。

空港からレンタカーを利用する場合、LCC指定の

レンタカー会社ならLCCターミナル前から、店舗へ送迎して

もらえます。

指定外のレンタカー会社を選択してしまうと、

LCCターミナル→国内線ターミナル→レンタカー会社と

移動しなくてはならず、かなり面倒くさいです。

出発で利用する場合は、国内線ターミナルからシャトルバスが

10分間隔で運航されています。

所要時間5分くらいですが、時間に余裕をもって行動しましょう。

国内線ターミナルは、お土産屋さんもグルメも充実していますが、

LCCターミナルは倉庫を改造した感じで、ショップも少なく、

予備知識がないとあまりのギャップに驚くことになります。

乗り継ぎ悪く、那覇空港で寝泊まりに?!みんなの体験談まとめ

沖縄 空港

県外から那覇空港を経由して離島へ行く場合、待ち時間が生じる

こともありますね。

昼間であれば見学デッキから飛行機の離発着を見るのが

お勧めですが、深夜となるとそうもいきません。

那覇空港は、深夜や早朝に離発着するフライトもありますが、

空港施設は24時で閉店してしまうため、基本的に空港内で

寝泊まりできるような場所はありません。

これは那覇空港が自衛隊や海上保安庁も使用しているので

テロ対策のために厳しくなっています。

実際に那覇空港で一晩過ごそうとした人の体験談です。

<フライトが遅れて深夜に到着した男性>

フライトが遅れて、まさか到着が深夜になってしまうとは思わず、

離島へ行く予定でしたが、乗れなかったため翌朝の便に

変更しました。

空港に残ることはできなかったので、慌てて外に出ました。

とりあえず、ネットで検索したところ、モノレール赤嶺駅近くの

マクドナルド小禄店が24時間営業なので、

そこで時間をつぶそうとしたら、同じことを考えた人で

混雑していました。

<台風に遭遇してしまい帰りの飛行機に乗れなかった女性>

台風などの悪天候の場合は、空港のロビーなどを開放して

もらえると聞いていたので、そのつもりでいたところ、

「天候悪化のため、空港内にとどまると危険」と判断され、

指定されたバスで移動することになりました。

連れて行かれたのは、県立武道館

ここはただの体育館です。

がらんとした体育館はエアコンも効いておらず、毛布も飲み物も

提供されるわけでもなく、知らない人々と一晩を過ごすこと

になってしまい、全く眠れませんでした。

こんなことなら、空港で粘るのではなく、さっさとホテルを

探せばよかったと思いました。

格安旅行者必読!那覇空港での深夜のおすすめ仮眠スポット

沖縄でなければ、深夜の仮眠スポットは”健康ランド”ですね。

しかし、沖縄には健康ランドがありません。湯船につかる習慣が

ないので、銭湯さえも沖縄県内に1軒しかありません。

そんなわけで、他の方法を探るしかありません。

仮眠スポットを探すポイントは、モノレールの駅の近くで

探すことです。

深夜に空港から移動する場合は、タクシーを利用するしか

ありませんが、翌朝行動する時は、モノレールを利用するのが

安くて時間に正確だからです。

<ネットカフェ>

ネットカフェはリクライニングのソファやシャワーもあるので、

仮眠するにはぴったりですね。



スポンサードリンク


しかし、那覇空港周辺は何もないです。

ネットカフェも一番近くて”壺川駅”に

ネットボックス壺川店があります。

もしここがいっぱいだった場合は、牧志駅近く、

国際通りに快活CLUBがあります。

他にもネットカフェはありますが、24時間営業ではない

ところもありますので、事前に確認しておきましょう。

<ドミトリー>

那覇市内にはたくさんのホテルがあります。

安さで選ぶならドミトリーやゲストハウスもあります。

”Cam Cam沖縄”は寝具のない雑魚寝なら、800円で

泊まれてしまいます。

カーテンの閉まるドミトリータイプでも1,300円と格安です。

貴重品の管理には十分注意してください。

<ファミレス・食堂>

ファミレスでは仮眠は難しいかもしれませんが、

暇つぶしにはいいですね。

24時間営業しているファミレスは、おもろまち駅の近くの

ガスト那覇新都心店です。

他にもガストはありますが、24時関営業ではありません。

おもしろいのが、沖縄料理の食べられる食堂に24時間営業の

お店があります。

県庁前駅から10分くらいのところにある、

「お食事処みかど」「三笠食堂」「いちぎん食堂」です。

ゴーヤーチャンプルーなどの定番沖縄料理も食べられますし、

県外とは全く違う”ちゃんぽん”などもあります。

まとめ

沖縄 ホテル

那覇空港は基本的に一晩を過ごすことが出来ません。

空港から深夜に歩いて行ける距離にはお店がないので、

タクシーで、ネットカフェやドミトリー、飲食店へ移動します。

翌朝のことを考えてモノレール近くのところを利用すると便利です。